2024/02/29

大名茶人 織田有楽斎

Urakusai


四百年遠忌記念特別展 大名茶人 織田有楽斎」に行って来ました。

有楽斎(うらくさい)こと織田長益は織田信長の弟として生まれました。本能寺の変で、主君・信忠(信長の長男) が自害したにもかかわらず脱出したことで、京の人々から「逃げた」と揶揄されました。

信長、秀吉、家康の三天下人に仕える生涯を送り、晩年には京都・建仁寺の塔頭「正伝院」を再興しました。正伝院(現:正伝永源院)には、有楽斎ゆかりの貴重な文化財が残っています。

正伝院内に有楽斎が建てた茶室「如庵」は国宝に指定されて、現在では愛知県犬山市にあるそうです。

晩年を京で過ごした茶人・織田有楽斎の心中にどのような思いがあったのか、それを紐解くというユニークなテーマの展覧会でした。

有楽斎が好んだ数々の茶道具を後世の人々が本当に大事にしているのが感じられました。多くの書簡が残っているのにも驚きました。

3/24(日)までサントリー美術館(東京・六本木)で開催されています。

余談ですが、隣接するザ・リッツ・カールトン東京は17年前に私の会長就任記念祝賀会が行われた場所で、懐かしく感じました。

|

2024/02/21

中村仲蔵 ~歌舞伎王国 下剋上異聞~

Nakamuranakazo_20240221182801


藤原竜也さん主演の舞台「中村仲蔵 ~歌舞伎王国 下剋上異聞~」を東京建物Brillia HALL(池袋)で観劇して来ました。

藤原さんが心身統一合氣道の門を叩いてから約15年、藤原さんが主演する舞台は総て観て来て、その進化を目にして来ました。

元々すごい役者さんですが、俳優として益々深みが増しているからこその役どころで、全身全霊の圧巻の演技に心が震えました。

しかも本日は二公演、これだけのエネルギーで繰り返せることが信じられません。真のプロフェッショナルだと思います。

この舞台は2/25(日)まで東京で、以降は全国各地で上演されます。


歌舞伎が黄金期に向かう江戸時代中期、彗星の如く現われた破天荒な歌舞伎役者、初代・中村仲蔵(なかむらなかぞう)。梨園の血縁ではない彼は、四代目・市川團十郎に見出されて異例の出世を遂げ、一代で「名人仲蔵」と言われるまでの大スターになった。その波乱万丈の人生は、今でも落語や講談でも語り継がれる人気演目。(HORIPRO STAGEより)

|

2024/02/19

フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築

Panasonic

お誘いを受けて、特別展「フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築」に行って来ました。

アメリカ近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトは、日本では「帝国ホテル二代目本館」を手がけたことで有名です。その一部は、愛知県犬山市にある博物館明治村に移築され、見に行ったことがあります。

1923年(大正12年)9月1日に関東大震災がありましたが、何とこの日が落成披露だったとのこと。他のビルの多くが倒壊するなかでほぼ無傷で、日本は地震国だと理解していたライトが、軟弱な地盤で用いられる特殊構造を採用したことで難を逃れたのだそうです。

ライトによる数々のドローイングが、実に精緻で華やかで驚きました。アメリカ(ペンシルベニア州)にあるライトが手がけた「カウフマン邸(落水荘)」にも、いつか行ってみたいな、と改めて感じました。

3/10(日)までパナソニック汐留美術館(汐留)で開催されています。

Rakusuiso

|

2024/01/31

本阿弥光悦の大宇宙

Koetsu


お誘いを受けて、特別展「本阿弥光悦の大宇宙」に行って来ました。

本阿弥光悦筆・俵屋宗達下絵の重要文化財「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」が圧巻でした。実物は勿論のこと、NHKの8Kビジョンの精細さで見る光悦茶碗にも驚きました。

百人一首の書画をみて、子どもの頃に、私が百人一首を覚えるために父が新聞に入っている広告の裏側に一首ごとに毛筆で書いてくれたことをふと思い出しました。

東京の上野の東京国立博物館 で、3/10(日)まで開催されています。

|

2024/01/10

癒やしの日本美術 ―ほのぼの若冲・なごみの土牛―

Museum

知り合いの勧めで、特別展「癒やしの日本美術 ―ほのぼの若冲・なごみの土牛―」に行って来ました。

「癒やし」がテーマのこの展覧会。伊藤若冲や長沢芦雪が描いた、ほのぼのとした可愛らしい絵がとても印象的でした。

長沢芦雪 《菊花子犬図》」のみ写真撮影が可能でした。愛らしい子犬たちが生き生きと描かれています。

Rosetsu_20240122010601

東京の広尾にある山種美術館で、2/4(日)まで開催されています。

|