« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024/01/31

本阿弥光悦の大宇宙

Koetsu


お誘いを受けて、特別展「本阿弥光悦の大宇宙」に行って来ました。

本阿弥光悦筆・俵屋宗達下絵の重要文化財「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」が圧巻でした。実物は勿論のこと、NHKの8Kビジョンの精細さで見る光悦茶碗にも驚きました。

百人一首の書画をみて、子どもの頃に、私が百人一首を覚えるために父が新聞に入っている広告の裏側に一首ごとに毛筆で書いてくれたことをふと思い出しました。

東京の上野の東京国立博物館 で、3/10(日)まで開催されています。

|

2024/01/30

特別対談(工藤公康様)その2

Talk_20240131005901


心身統一合氣道会 会報』では各分野の第一線の方との特別対談を行っています。バックナンバーをWebで不定期に公開しています。

今回は、ソフトバンクホークス元監督の工藤公康様です。

大好評をいただいた工藤公康様との特別対談の第2弾(追加収録)をお届けいたします。こちらでお読みいただけます。

|

2024/01/21

心身統一合氣道会 会報

Magazine_20240130212301

一般社団法人 心身統一合氣道会の会報誌である『心身統一合氣道会 会報』が間もなく発行されます。

1月下旬から順次、全国の会員の皆様のお手元にお届けいたします。

本号では、長年にわたって藤平光一先生の歯の健康をサポートされた歯科医師で医学博士の小山悠子先生のお話をお聞きしました。

次号は2024年4月に発行する予定です。これまで発行した会報誌に関してはこちらをご覧下さい。

|

2024/01/20

指導者講習(東京)

Tokyo_20240121002601


「指導者講習(東京)」で指導しました。30名が参加しました。

新たに2名を指導者に任命しました(敬称略)


心身統一合氣道を指導するには指導資格(師範・審査員・指導員・准指導員)が必要です。段位やキャリアに関係なく、学び続ける者だけが指導資格を有することができます。

|

2024/01/16

指導者講習(神奈川)

Kanagawa_20240116182701


「指導者講習(神奈川)」で指導しました。28名が参加しました。

新たに1名を指導者に任命しました(敬称略)


心身統一合氣道を指導するには指導資格(師範・審査員・指導員・准指導員)が必要です。段位やキャリアに関係なく、学び続ける者だけが指導資格を有することができます。

|

2024/01/14

指導者講習(福岡)

Fukuoka_20240114180801


「指導者講習(福岡)」で指導しました。20名が参加しました。

集合写真を撮影する機会を逸してしまいました。会場の周辺では雲一つない晴天でした。


心身統一合氣道を指導するには指導資格(師範・審査員・指導員・准指導員)が必要です。段位やキャリアに関係なく、学び続ける者だけが指導資格を有することができます。

|

2024/01/13

指導者講習(大阪)

Osaka_20240114182401


「指導者講習(大阪)」で指導しました。21名が参加しました。

会場の光心館道場(大阪)は関西地区の基幹道場です。


心身統一合氣道を指導するには指導資格(師範・審査員・指導員・准指導員)が必要です。段位やキャリアに関係なく、学び続ける者だけが指導資格を有することができます。

|

2024/01/10

癒やしの日本美術 ―ほのぼの若冲・なごみの土牛―

Museum

知り合いの勧めで、特別展「癒やしの日本美術 ―ほのぼの若冲・なごみの土牛―」に行って来ました。

「癒やし」がテーマのこの展覧会。伊藤若冲や長沢芦雪が描いた、ほのぼのとした可愛らしい絵がとても印象的でした。

長沢芦雪 《菊花子犬図》」のみ写真撮影が可能でした。愛らしい子犬たちが生き生きと描かれています。

Rosetsu_20240122010601

東京の広尾にある山種美術館で、2/4(日)まで開催されています。

|

2024/01/09

本氣だから伝わる

Banner_20230601192601

 

通常、仕事には相手が存在しているので「期限」があります。

チームワークにおいて期限は重要であり、一人でも「守らなくてもいい」という人がいると、全体の流れが停滞するだけでなく、安心して仕事を進めることができなくなります。

日本において「車道は左側通行がルール」なのと同じで、一人でも「右側通行でもいい」という人がいたら、道路は機能せず、安心して車を運転することができなくなります。

信頼関係がなければ、仕事も、社会も成立しません。


私は内弟子時代、あるとき大事な期限を守れなかったことがあります。

勿論、期限をどうでも良いと考えていたわけではなく、不測の事態が生じてしまって、どうしても間に合わなかったのです。

先方へ丁重に謝罪した上で、間に合わなかった理由も説明しました。しかし、本当のところ、私は「仕方なかった」と考えていました。

その話が耳に入ったのでしょう。藤平光一先生が私を呼びました。

 「どうした。期限を守らなかったのか」

期限を守る意思はあったことを含めて、事情を説明しました。お叱りを受けることを覚悟していましたが、待っていたのは意外な言葉でした。

「そうか。お前は期限を守る氣がなかったのだね」

いま釈明したばかりで、致し方ない理由で間に合わなかっただけです。

自分が悪いのは間違いないですが、「守る氣がなかった」と言われて、腹落ちできずにいました。

藤平光一先生はさらに続けます。

「お前は期限を守るつもりでも、期限ギリギリに進めていた。だから、もし具合が悪くなって寝込んだら、期限は守れなくなる。不測の事態が生じても間に合うようにする氣がなかったのだね」

なるほど、自分なりに一生懸命やっていたつもりでしたが、確かにその氣は全くありませんでした。

「何があっても必ず守ろう」という氣が動くから本氣が伝わるわけで、それまでの私の本氣度では、本当のところの信頼は得られなそうです。

ひとまず頭では理解したので、まずは行動を改めて、不測の事態が生じても間に合うように工夫しました。


これによって助けられたことがありました。

あるとき、若手指導者の自分に指導する機会を頂けるかもしれず、先方の会社を訪問し、代表の方とお話しすることになりました。

その日は冬の寒い日で、今にも雪が降り出しそうな天候でした。

公共交通機関が乱れて万一にも約束の時間に遅れてはいけないので、1時間前に到着し、会社近くのカフェで時間調整をしていました。

約束の時間の少し前に会社に到着すると、すでに代表の方が待っておられて、ひと言。「ぜひ、先生に会社の研修をお願いいたします」と。

驚いた私は、失礼を承知で、なぜ即決されるのかお尋ねしました。

代表の方は、外出から戻る際に近隣で待機している私の姿を見たそうで、「必ず約束を守ろう」とする姿をみて信頼されたとのことでした。

そういう姿勢の人であれば、会社のことも大事に考えてくれる、と。

このとき初めて、藤平光一先生がルールの話をしていたのではなく、「必ず守ろう」とする本氣の話をしていたことが腹落ちできました。

この代表の方とは、25年経った現在でもお付き合いが続いています。


何ごとも本氣だから伝わります。本氣の一年を過ごしたいと思います。

|

2024/01/07

修行達成祈願式・初稽古

New_year


本部道場(東京)にて「修行達成祈願式・初稽古」を実施いたしました。オンライン中継形式で約700名が参加されました。

国内外から多くの皆様にご参加頂き、心より御礼を申し上げます。

できる限り多くの会員の皆様に参加頂くために、また、多くの海外支部からのご要望により、今後もこの形式を継続することにいたしました。

修行達成祈願式では昇段発表(推薦段)がありました。

本年の心身統一合氣道会の活動が無事に始まりました。

皆様には宜しくお願い申し上げます。

|

2024/01/01

謹賀新年

Ki_2_3

|

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »