« 2020年7月 | トップページ

2020/08/06

【最新版】新型コロナウイルスの感染拡大防止のガイドライン

Important_20200806141901

心身統一合氣道会の「新型コロナウイルスの感染拡大防止のガイドライン」が更新されました(2020年8月6日発表)。

このガイドラインは、新型コロナウイルスに関する科学的知見に基づき、会員の皆様が安全・安心に稽古できるように定めたものです。内容は随時更新し、全国の道場・教室に周知徹底をいたします。

|

2020/08/03

《音声付き》受身の目的

Mail_magazine_2


心身統一合氣道の稽古では、「心身統一合氣道の五原則」に基づき、相手の心を尊重して、導き投げることを学びます。

 心身統一合氣道の五原則

 一、氣が出ている
 二、相手の心を知る
 三、相手の氣を尊ぶ
 四、相手の立場に立つ
 五、率先窮行(そっせんきゅうこう)

例えば、すごく力の強い人がいて、力ずくで投げたとしましょう。相手が心の中で抵抗し、相手の心に遺恨が残るようであれば、「投げる」ことにはならないということです。

日常でいえば、権力を持った人がいて、命令したとしましょう。相手が心の中で抵抗し、嫌々、命令に従っているようであれば、「人を動かす」ことにはならないのと同じです。

相手の状態をみて、どこに向かおうとしているか理解した上で、その行き先を導くからこそ、人を動かすことになります。技も同じことで、これが相手を導き投げるということです。

そもそも、心身統一合氣道の稽古に「勝ち」「負け」はありません。投げた人が「勝ち」、投げられた人が「負け」ではありません。

「人を育てる」のに「勝ち」「負け」が存在しないのと同じで、導く者が「勝ち」、導かれる者が「負け」ではないからです。


心身統一合氣道の「受身」は、「自分の身を守る」ことを指します。受身とは、単に投げられて転がることではありません。

「受身」という言葉のイメージから受動的に捉える方が多いですが、受身とは本来、極めて能動的なものです。

私たちの人生がそうであるように、投げられた時点で終了ではなく、実際には、その後も続いているわけです。

投げられることによって姿勢(体勢)を崩してダメージを受けてしまうと、すぐに立ち上がることも、次に備えることも出来ません。特に、頭部を打ち付けてしまうと、生命に関わります。

ゆえに、受身が不可欠ということです。

心身統一合氣道の受身では、基本的に、畳を叩くこともしません。常に、身体が地面に滑らかに着くように受身を取ります。

極端な例ですが、アスファルトのような固い地面であっても、ダメージを最小限に、瞬時に次に備えられるように取ります。

つまり、受身とは、投げられて自分の身を守ることだけではなく、次の動きに備えることが目的なのです。


何年か前にプロボクサーを指導した際、受身に深く関心を持つ選手がいました。

この選手の話によれば、相手に打たれたダメージだけではなく、ダウンの際に、床に打ち付けられるダメージが大きいとのこと。二重のダメージによって、心が折れやすいと言っていました。

無意識の領域で出来るように、受身を身につけたいとのことでした。その後、この選手はしっかり稽古をして体得しました。

実はこれ、私たちの日常も同じことです。

失敗やトラブルが生じることで、ダウンを奪われることがあります。しかし、人生はそこで終わりではありません。そんなときこそ受身が必要であり、いかに立て直せるかが大切です。

心を能動的に用いて、瞬時に、次に備えられることも心の強さです。

しかし、姿勢(体勢)が乱れてしまうと、それが出来なくなります。

これは精神論ではなく、実際に身体を使って訓練することによって、はじめて体得できるものです。

心身統一合氣道を稽古している皆さんは、投げることだけではなく、正しい目的で、受身も磨いて頂きたいと思います。

|

« 2020年7月 | トップページ