« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019/10/26

指導員講習会(東京)

Tokyo_20191027220901


「指導員講習会(東京)」で指導しました。34名の指導者が参加しました。会場は成城高等学校の柔道場でした。

新たに2名を指導員に任命しました(敬称略)。

【指導員】

  • 萬 大(札幌西28丁目教室/北海道)
  • 浅田 陽子(成心館道場 赤坂教室/東京)

指導内容は「 指導者向けブログ」でご覧頂けます。アクセスするには、指導員専用のIDとパスワードが必要です。


指導員講習会について

心身統一合氣道を指導するには「指導資格」が必要です。心身統一合氣道会では学び続ける者が指導できます。指導者は全国主要都市で開催される指導員講習会で学んでいます。

|

2019/10/18

ハルメクWeb

Halmek


ハルメクWebに記事が掲載されました。

2017年12月号 から2018年2月号雑誌まで全3回で『ハルメク』に掲載された記事が再編集されたものです。

 VOL.1 「姿勢を変えるだけで心身は整う
 VOL.2 「氣の呼吸法で、心を静める
 VOL.3 「マイナス思考を消す呼吸法

雑誌でお読みになれなかった皆さんは是非ご覧下さい。

|

2019/10/17

11/3(日)「昇段審査受験者講習会」追加開催のお知らせ

Tochigi_20191017173301


10月12日(土)~14日()に富士五湖の西湖で予定していた「秋の特別合宿」は、台風19号の影響で中止となりました。

本年11月(あるいは来年3月)に昇段審査を受験予定の皆様で、秋の特別合宿での稽古を頼りにされていた方が多くいらしたことから、11月3日()に天心館道場(栃木)で「昇段審査受験者講習会」を追加開催することになりました。

参加対象は指導員・指導員(審査資格者)・師範の皆様、2019年11月(もしくは、2020年3月)に昇段審査を受験予定の皆様です(心身統一合氣道1級以上)。ご参加にあたっては、所属する道場教室責任者の許可が必要です。

この講習会では、昇段審査会で審査を担当する師範が指導いたします。また、会場は昇段審査会が行われる天心館道場で行われるため、昇段審査本番の雰囲氣を確かめながら稽古することが出来ます。

台風の影響による追加開催のため、直前の告知で誠に恐れ入りますが、参加対象となる皆様はこの機会にご参加下さい。

尚、翌日の「息心の行講習会(栃木)」にもご参加される方は、本部施設での宿泊と食事の申込みが可能です。詳細につきましては、下記のページをご覧下さい。

 11/3(昇段審査受験者講習会(栃木)

息心の行講習会にも参加される場合は、別途お申し込みが必要です。

 11/4(息心の行講習会(栃木)

皆様のご参加をお待ちしております。

|

2019/10/14

令和元年 台風19号

この度の令和元年 台風19号によりお亡くなりになりました皆様にお悔やみを申し上げます。また、被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

|

2019/10/11

本日、再放送があります!

Recipe

先週、NHK Eテレ(教育テレビ)の番組「
あしたも晴れ!人生レシピ」が放送され、たいへんな反響がありました。

ご覧頂いた皆さんには、誠に有り難うございます。

本日、10/11(金)午前11時から再放送があります。見逃した方は、是非この機会にご覧下さい。

番組の詳細は、番組のホームページでご確認頂くことが出来ます。番組の予告動画もあります。

|

2019/10/07

心身統一合氣道会 会報


Magazine_20191009211501


一般社団法人 心身統一合氣道会の会報誌「心身統一合氣道会 会報」の最新号が発行されます。10月下旬から全国の会員の皆様のお手元に届く予定です。以前にお知らせした表紙から変わりました。

スポーツ法を専門とする弁護士の菅原哲朗先生との特別対談が掲載されています。菅原先生は心身統一合氣道7段、東京都立大学合氣道部の初代主将で、50年以上、熱心に稽古をなさっています。

次号は2020年1月に発行する予定です。

これまでの会報誌の情報はこちらをご覧下さい。

|

2019/10/04

NHK Eテレ「あしたも晴れ!人生レシピ」

Nhk

テレビ出演のお知らせです。

本日、NHK Eテレ(教育テレビ)の番組「あしたも晴れ!人生レシピ」に出演いたします。放送日時は10月 4日(金)午後8時で、10月11日(金)午前11時には再放送があります。

ロックバンド「ROLL-B DINOSAUR」から、ダイアモンド ユカイさん、織田哲郎さん、CHERRYさんのお三方が心身統一合氣道会の道場に来られ、「疲れにくい身体の使い方」をテーマに指導させて頂きました。

スタジオ収録では、番組MCの賀来千香子さんとゲストの市川紗椰さんにもご体験頂きました。

ちょっとしたことで姿勢や動作が楽になることに、皆さん、たいへん驚いていらっしゃいました。どんな番組になっているか、私自身も放送を楽しみにしております。ご覧頂けましたら幸いです。

尚、この番組は、NHKワールド・プレミアム(国際放送)でも放送されます。日本時間の10月20日(日)午前4時から放送される予定です。

|

2019/10/01

誦句集「座右の銘」(3)

Mail_magazine_2

 

前回に続き、誦句集「座右の銘」の解説です。


氣が通うために、もっとも重要なのは「氣を出す」ことです。氣を出すことで新たな氣が入って来て、氣が通うようになるのです。人間本来の状態に戻ることが出来ます。

流れにおいては、「出せば入ってくる」という性質があります。先に入れようとすると、流れはかえって滞ってしまうのです。

「氣」をバッテリーの様に捉えると、ためて消費するわけですから、少しでも節約した方が良い、という考えになるかもしれません。ここでいう「氣」は、そうではありません。氣が通うことによって力を得るのです。


原因は分からないのに、何となく調子が悪いときがあります。閉塞感やイライラなど、表れる症状は様々です。誰しも経験があるのではないでしょうか。そういうときは、氣が滞っていることが多いのです。

氣が通っているときに、心を自在に使うことが出来ます。言い換えれば、氣が滞っているときは、心を自在に使えません。心の働きが鈍くなることで、何となく不調を感じるのでしょう。

こんなときは、ただ待っていても良くなることはありません。「氣を出す」ことが重要です。


ただし、氣を出すといっても初めての方には良く分かりません。そのため、「心身統一の四大原則」があります。氣を出すとは具体的にどういうことかを置き換えているのです。

  心身統一の四大原則

  一、臍下の一点に心をしずめ統一する。
  二、全身の力を完全に抜く。
  三、身体の総ての部分の重みを、その最下部におく。
  四、氣を出す。

「心身統一の四大原則」はよく、山頂に至る四つの異なる登り道に例えられます。どの道を用いても、最終的に同じ目的地にたどり着きます。

例えば、氣を出すとは「心を静める」ことと同じということです。また、全身リラックスして身体の隅々まで滞りのない状態であり、落ち着いている状態でもある、ということです。

その人によって、あるいは、そのときの状況や環境によって、もっとも取り組みやすい方法を選べば良いのです。

四大原則は、一つが備わっているときは、他の三つも備わっており、一つが備わっていないときは、他の三つも備わっていません。四つ総てを同時に行う必要はなく、どれか一つを行うことです。


ご参考までに、それに対して、「心身統一合氣道の五原則」は、人を導くための具体的なプロセスです。同じ原則でも、四大原則とは性質が異なるので注意が必要です。

  心身統一合氣道の五原則

  一、氣が出ている
  
二、相手の心を知る
  三、相手の氣を尊ぶ
  四、相手の立場に立つ
  五、率先窮行(そっせんきゅうこう)


道場での稽古は「氣を出す」ことを目的に技を練っていきます。そのため、稽古することで、氣の滞りが解消されやすいのです。氣が滞っているときほど、稽古をすべき理由がここにあります。

三回に渡って、誦句集の「座右の銘」を解説して参りました。座右の銘を正しく理解することで、正しい目的で稽古を出来ます。

皆さんの理解が深まりましたら幸いです。

【参考】誦句集

一、座右の銘

万有を愛護し、万物を育成する天地の心を以て、我が心としよう。心身を統一し、天地と一体となる事が我が修行の眼目である。

心身統一の四大原則
一、臍下の一点に心をしずめ統一する。
二、全身の力を完全に抜く。
三、身体の総ての部分の重みを、その最下部におく。
四、氣を出す。

|

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »