« 第38回全日本心身統一合氣道競技大会 | トップページ | 指導員講習会(名古屋) »

2019/09/24

新刊のお知らせ

Cover_1

10月9日(水)に新著を出版いたしましす。タイトルは『コミュニケーションの原点は「氣」にあり! 心や身体、人間関係や組織の〝滞り〞を解消する』(ワニブックスPLUS新書)です。氣の新書シリーズの第4弾ですが、シリーズでは毎回異なるテーマでお届けしていますので、本書から手に取って頂くことが出来ます。

本書では、東京大学先端科学技術研究センターの西成活裕教授との対談を収録しています。西成先生は「渋滞学」という学問を提唱したことで著名で、車の渋滞は勿論のこと、現在では世の中の様々な「滞り」を研究なさっています。また、国や企業との共同研究を通じて、様々な分野で滞りの予防と解消に取り組んでいらっしゃいます。

「世界一受けたい授業(日本テレビ)」や「東大王(TBSテレビ)」などに出演され、高速道路で大渋滞が起きるシーズンにはニュース番組で解説なさっていますので、ご存じの方も多いかもしれません。本年1月に出版された『東大の先生!文系の私に超わかりやすく数学を教えてください!』(かんき出版)は現在もベストセラーです。

今でこそ有名な「渋滞学」ですが、当初は新しい学問であったため、周囲からの研究への風当たりがすごく強かったようです。食べていくことすら難しい時期があったそうで、少しでも節約するために、ご友人が持つ店の二階に住み、業務用の洗濯機をお風呂代わりにしていたエピソードがあるほどです。

そんな西成先生は、2016年から心身統一合氣道を熱心に学ばれています。西成先生との対談を通じて、渋滞学の観点から「氣」の理解を深めることが本書の目的です。西成先生は渋滞という難しい現象を、誰もが分かるやさしい言葉や事例で説明されます。日常に役立つ内容ですので、ぜひ手に取って頂きたいと思います。

|

« 第38回全日本心身統一合氣道競技大会 | トップページ | 指導員講習会(名古屋) »