« 特別対談(加藤久様) | トップページ | 慶應丸の内シティキャンパス「夕学五十講」 »

2018/09/03

心を決める

Title_2_3


藤平光一宗主は私の師匠であり、父でもあります。

ひとたび「師匠と弟子」という関係になると、「親と子」ではなくなり、 「親父」や「お父さん」と呼ぶことは全くなくなります。 振り返ってみると、親子関係であったことを懐かしくさえ感じます。

親子時代のことで、ふと思い出したことがあります。

父は「心を決める」ということを大事にしていました。 心を決めずに物事を始めてしまうと、そこには必ず迷いが生じます。 一つのことをやり遂げるには、まずは心を決めることが不可欠です。

小学校低学年まで、私はいわゆる「虚弱児」でした。 原因不明の熱によって、学校を3ヶ月間も休んだこともありました。 そんな私に、父は、毎朝風呂場で水をかぶるように勧めたのです。 「夏の暑い日から始めて、少なくとも一年間は続けなさい」と。

当時、小学4年生であった私は、こういわれて始めることにしました。 始めのうちは真夏の水浴びなので、氣持ちよくかぶっていましたが、 秋頃から徐々に状況が変わっていきます。 冬になると、朝を迎えるのが憂鬱で仕方がなくなりました。

そんな私に、父は「心を決める」という話をしました。 「水をかぶる」「水をかぶらない」という選択肢が自分にあると、 そこに迷いが生じて辛くなってしまう。 「水をかぶる」と心を決めて行いなさい、というのです。

はじめは、「根性論」をいわれているように感じていましたが、 なるほど「何とかしてさぼれないか」と迷いながら水をかぶると、 服を脱ぐだけで寒氣がして、水もとてつもなく冷たく感じます。

ところが、「水をかぶらない」という選択肢(可能性)を捨てて、 水をかぶる前提で行うと、思うほど辛くありません。 前の日の晩から、すでに心が決まっている感じがあるのです。

その違いを身体で会得した私は、自発的に取り組むようになり、 「心を決める」ということを徐々に覚えていったのでした。

そうこうしているうち、一年が経って、また夏を迎えました。 その頃には「心を決める」ことがかなり習慣づいていました。 いきなり止めてしまうのも、何だか寂しいような感じもあって、 結局、中学に進学するまでさらに二年続けることにしました。

このときの体験が「心を決める」という私の基本姿勢をつくることになりました。 私の場合は「水をかぶる」という方法が最も適していたと思いますが、 実際のところは他のことでも良いのでしょう。 「心を決める」習慣をつけることが目的なのですから。

「心を決める」ことは、これから社会に出る皆さんには特に重要です。

社会人として一つの選択肢を選ぶ以上は、いったん他の選択肢は捨て、 心を決めて臨むことです。 しかし、他の選択肢を捨てられない人が多いのです。

すると、苦しいことに直面し「自分はこんなことをしていて良いのか」 「自分にはもっと他に道があるのではないか」と迷い始めます。 この迷いが生じると、もはや困難を乗り越えることは出来ません。

すべきことを総てした上で、自分が歩む道ではないと確信するならば、 そのときは別の道を選べば良いだけです。 それもまた「心を決める」ことだからです。

|

« 特別対談(加藤久様) | トップページ | 慶應丸の内シティキャンパス「夕学五十講」 »