« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月の9件の記事

2018/03/31

心身統一合氣道会 会報

Magazine
藤平信一です。

一般社団法人 心身統一合氣道会の会報誌「心身統一合氣道会 会報」の最新号が発行されます。4月上旬から全国の会員の皆様のお手元に届く予定です。

最新号では、サッカー・なでしこジャパンの元キャプテンの宮間あや選手の特別対談を掲載しています。宮間選手は2017年から心身統一合氣道の稽古を始めました。

次号は2018年7月に発行する予定です。

これまでの会報誌の情報はこちらをご覧下さい。

|

2018/03/30

婦人画報(2018年5月号)

Magazine_1
藤平信一です。

雑誌『婦人画報』(2018年5月号)の「心まで、ほどける呼吸」という記事の中で、藤平光一宗主の著書『氣の呼吸法』が紹介されました。

|

2018/03/29

Web特別対談(野田一夫先生)

Web_1_2
藤平信一です。

『心身統一合氣道会 会報』では各分野の最前線の皆さんと特別対談を行っています。その内容をWebで公開しています。

対談は月1回の頻度で更新しています。今回は教育界・経済界の巨人である野田一夫先生との対談を掲載しています。

対談はこちらからご覧頂けます。

|

2018/03/25

指導員講習会(栃木) 指導

Tochigi_1

藤平信一です。

「指導員講習会(栃木)」で指導しました。主に東日本の道場・教室から27名の指導者が参加しました。

新たに3名を指導員に任命しました(敬称略)。

【指導員】

  • 小池 勇一(中心館道場/栃木)
  • 中曽根 星矢(清心館道場 上田教室/長野)
  • 清水 海里(清心館道場 上田教室/長野)

指導内容については「心身統一合氣道会 指導者心得」でご覧頂けます。アクセスするには、指導員専用のIDとPasswordが必要です。


指導員講習会について

心身統一合氣道の指導には指導資格が必要です。心身統一合氣道会では学び続ける者のみ指導できます。

東京・大阪・名古屋を始め、全国主要都市で年間を通じて開催される指導員講習会で指導者は学んでいます。

|

2018/03/21

Kiフォーラム2018

Forum_1

藤平信一です。

本日、東京国際フォーラム(有楽町)で「Kiフォーラム2018」を開催しました。今年のテーマは「滞りを解消する」でした。

会場は満員となりました。

第1部では体験形式で私が基本講習を行いました。「氣が通う」「氣が滞る」という実感を姿勢や合氣道の動きで確認しました。

第2部では東京大学先端科学技術研究センターの西成活裕教授をお招きして、基本講演の後、世の中で生じる様々な滞りについてトークセッションしました。

Forum_3
西成先生は「渋滞学」を提唱したことで大変有名で、講演では極めて複雑な現象を誰にでも分かるように説明され、そのあまりの面白さに会場が大変な盛り上がりを見せていました。

当日の運営で至らない点もあったことと思いますが、Kiフォーラム終了後、有り難いことに本当に数多くの喜びの声をお寄せ頂いています。

参加頂いた皆様に心から御礼を申し上げます。

|

2018/03/16

大和哲也選手(K-1)

Yamato_1

藤平信一です。

太心館道場(名古屋)で稽古している大和哲也選手が、2018年3月21日()春分の日に「K-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチ」に出場します。

大和選手は、『動じない。』で心身統一合氣道のことを知りました。「持っている力を最大限に発揮する」ことを求め、山本岳見師範の元で稽古に励んでいます。

対戦相手も素晴らしい選手と聞いています。お互いが全力を尽くし、最高の試合となることを願っております。

大和選手自身が記事(イーファイト) と動画(YouTube)でその思いを発信しています。

|

2018/03/13

指導員講習会(神奈川) 指導

Kanagawa_1
藤平信一です。

「指導員講習会(神奈川)」で指導しました。主に首都圏近郊の道場・教室から22名の指導者が参加しました。

指導内容については「心身統一合氣道会 指導者心得」でご覧頂けます。アクセスするには、指導員専用のIDとPasswordが必要です。


指導員講習会について

心身統一合氣道の指導には指導資格が必要です。心身統一合氣道会では学び続ける者のみ指導できます。

東京・大阪・名古屋を始め、全国主要都市で年間を通じて開催される指導員講習会で指導者は学んでいます。

|

2018/03/10

指導員講習会(大阪) 指導

Osaka_1
藤平信一です。

「指導員講習会(大阪)」で指導しました。主に大阪近郊の道場・教室から26名の指導者が参加しました。

新たに1名を指導員に任命しました(敬称略)。

【指導員】

  • 中江 均(奥武山教室/沖縄)

指導内容については「心身統一合氣道会 指導者心得」でご覧頂けます。アクセスするには、指導員専用のIDとPasswordが必要です。


指導員講習会について

心身統一合氣道の指導には指導資格が必要です。心身統一合氣道会では学び続ける者のみ指導できます。

東京・大阪・名古屋を始め、全国主要都市で年間を通じて開催される指導員講習会で指導者は学んでいます。

|

2018/03/01

小さな滞りが大きな滞りを生む

Title_2_3


藤平信一です。

内弟子時代、掃除に明け暮れたことが習慣になったようで、私は今でもよく掃除をします。

ホコリというものは面白いもので、小まめに掃除しているとひどくは汚れません。計画的に掃除していれば、大掃除をする必要もありません。

しかし、大した汚れではないと少しのホコリを放置してしまうと、それがさらに他の汚れを吸着し、みるみるうちに汚れていきます。

汚れきってしまった状態から掃除するのは、氣力と体力を必要とします。ポイントは、ちょっとの汚れのときに掃除をすることです。

実はこれ、「氣」の滞りにおいても同じことが言えます。始めにちょっとした「氣」の滞りが生じ、それを放置することで、その後の出来事に繋がって、大きな滞りになっていくのです。
以前にこんなことがありました。

日々、仕事をしているうちに、だんだんやる氣がなくなって来て、完全に氣が滞ってしまった人がいました。いよいよどうしようもなくなって私に相談したようです。

本人に原因を尋ねても、思い当たることが全くないようです。2ヶ月くらい前から調子を落としているとのこと。その頃にどんなことがあったか、詳細に思い出して頂くことにしました。しばらく時間をかけて、本人が「あっ!」と思い出しました。

信頼する後輩が自分の悪口を言っていると、ひとづてに聞き、事実か確認することも出来ずに数日間、悶々としていた時期があったそうです。その後、仕事が忙しくなって、そのことを忘れていたのでした。

話をよく聞くうちに、私はこの出来事こそ現在の不調のきっかけではないかと感じました。最初はちょっとした氣の滞りでも、その状態のまま先に進むと、そこでも新たな氣の滞りを生じさせるからです。

それはちょうど、わずかなホコリが他のホコリを吸着していき、加速度的に汚れていくのに良く似ています。大切なのは、ちょっとしたホコリのうちに取り除くことです。

私がこう指摘すると、この方はすぐに後輩と話をする機会を設け、行き違いによる誤解であることが判明しました。そして、たったこれだけのことで不調から立ち直ったのでした。

仮に、悪口が「誤解」ではなく「事実」であったとしても、相手に直接確認さえ出来れば、相手の真意を知ることで、氣の滞りが解消するのは良くあることです。

しかし、これは決して簡単なことではありません。理由は二つあります。一つは、氣が滞っているとき、滞っている自覚がないこと。もう一つは、氣の滞りの原因の大半は、実は小さなことだからです。

はじめはちょっとした出来事がきっかけで、しかもそれを忘れてしまうので、原因不明の不調に陥りやすいのです。これをどう解決するかは、私たちの人生にとっての大きなテーマで、私自身も日々取り組んでいます。

考えてみれば、世の中の「滞り」には、必ず元となっているものがあります。高速道路の自然渋滞も、始めは一台の車のブレーキから始まります。その滞りが次の車のブレーキに繋がり、渋滞になっていきます。

3月21日(水)春分の日に開催する「Kiフォーラム2018
」では、 世の中の「滞り」を研究なさっている 東京大学先端科学技術研究センターの西成活裕教授をお迎えしてトークセッションいたします。
定員となりましたので、現在は「キャンセル待ち」のみ承っています(3/10現在)。

西成先生はいま熱心に心身統一合氣道を稽古なさっています。西成先生と私のWeb特別対談も公開されていますので、ぜひこちらもご覧下さい。

|

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »