« 指導員講習会(大阪) 指導 | トップページ | 丸善・丸の内本店で週間ベストランキング1位になりました »

2017/11/23

心身統一合氣道会10周年記念行事

Event1_1
藤平信一です。

11月23日()勤労感謝の日に、ホテル雅叙園東京にて心身統一合氣道会10周年記念行事を開催しました。藤平光一宗主が心身統一合氣道を創見して45年が経ちますが、道の継承と共に組織を刷新したことから、心身統一合氣道会は今年で10周年を迎えました。日本全国から道場教室責任者を中心に220名が参列しました。

10周年記念行事は第1部・第2部に分かれ、第1部が会長記念講演、第2部が祝賀会でした。

記念講演では、全国の指導者の道の普及に対する弛まぬ努力に感謝を述べた後、日頃公開する機会がない私の指導現場(メジャーリーグや日本代表チームなど)の写真、『動じない。』鼎談時の映像などを紹介しながら、心身統一合氣道会、そして会長である私自身の10年間の歩みに触れました。

祝賀会では懇親を深めた後、「Mini Kiフォーラム」と称して、これまで『心身統一合氣道会 会報』の特別対談に登場頂き、祝賀会にもご参加頂いた5人の皆さまとトークセッションを行いました。それぞれの分野で心身統一合氣道の稽古がどの様に活きているか、他では耳にすることが出来ない貴重な話をお聞き出来ました。

Event2_1山藤賢様
(医療法人社団 昭和育英会 理事長)

山藤先生はサッカー日本女子代表のチームドクターとして活動され、現在は医療法人経営者、現役の臨床医として患者さんと向かい合いつつ、昭和医療技術専門学校の学校長として学生の教育に携わっています。「なでしこジャパン」の元主将で、今年から心身統一合氣道の稽古を始めた宮間あや選手にも登壇頂きました。

Event3_1美濃輪育久様
(プロレスラー・格闘家)

美濃輪さんは「超人ミノワマン」として有名です。元々は格闘技のために心身統一合氣道の稽古を始めましたが、現在では、心身統一合氣道の根幹である「氣」が人生万般に活きることを実感し、いずれは指導者を目指したいと表明されました。美濃輪さんは現在、心身統一合氣道・1級で、来年は昇段審査を受験します。

Event4_1青井博幸様
アオイ&カンパニー株式会社 代表取締役

青井さんはグロービス経営大学院で教鞭を執りながら、経営コンサルタントとして大企業の経営サポートをしています。企業における人材育成において、心身統一合氣道が教える「氣」が如何に重要かをお話頂きました。青井さんも現在、心身統一合氣道・1級で、来年は昇段審査の受験を目指しています。

Event5_1小西浩文様
(登山家)

小西さんは8,000メートル級の山を無酸素で登頂するトップ・アスリートです。小西さんの登山におけるご経験と心身統一合氣道で教える「氣」の関わりについてお話頂きました。事例に基づいた貴重な話をお聞きすることが出来ました。小西さんは本年の昇段審査において、心身統一合氣道・二段に合格しました。

Event6_1西成活裕教授
(東京大学 先端科学技術研究センター)

西成先生は「渋滞学」を提唱し、渋滞の研究をはじめ、あらゆる分野で「滞り」の研究をしています。国家プロジェクトや企業との共同研究など、幅広い分野に携わっています。「滞り」の観点から、日頃の心身統一合氣道の稽古についてお話頂きました。西成先生には来年3月21日()の「Kiフォーラム2018」にご登壇頂きます。

当日、試合のため記念行事に参加出来なかったK-1ファイターの大和哲也選手が、祝賀会が行われている正にその瞬間に1R・KO勝ちをした報告が入り、会場は大変盛り上がりました。大和選手は現在、週二日、心身統一合氣道の稽古をしています。祝賀会の司会を務めた山本岳見師範が名古屋で指導しています。

Cover_1

参列された皆さまの記念品の一つとして、11月15日(水)に講談社から刊行された『一流の人が学ぶ 氣の力』にサインを入れてお持ち帰り頂きました。

お陰様で心身統一合氣道会は無事に10周年を迎えることが出来ました。次の10年間は人材育成に注力し、真に世の中に役立つ組織づくりを進めて参ります。皆さまには今後も宜しくお願い申し上げます。

|

« 指導員講習会(大阪) 指導 | トップページ | 丸善・丸の内本店で週間ベストランキング1位になりました »