« 春の特別合宿 指導 | トップページ | 指導員講習会(神奈川) 指導 »

2017/05/08

車の運転

Title_2_3


藤平信一です。

私は藤平光一宗主の内弟子として学びました。内弟子時代は毎日、宗主のお供で車の運転をさせて頂いていました。さらに、週に一度は東京・栃木間の移動があり、高速道路がまだ不便で片道3時間くらいかけて移動していました。

短い距離であれば氣をつけることが出来ますが、3時間も運転していると必ずどこかで性格や癖が出るものです。当初、宗主は私の運転時は後部座席でずっと起きていました。今にして思えば、私の運転に信用がなかったのでしょう。

「お前の運転には心の乱れが表れている」

あるとき、このような言葉をかけられました。よく理解出来ずにいる私に、宗主は丁寧に説明をして下さいました。数ある中の二つをお伝えしたいと思います。

一つはブレーキを踏むタイミングです。信号や一時停止線などで前の車が止まれば、当然ブレーキを踏みます。そのタイミングが日によって違うことを指摘されました。つまり私は、ブレーキを踏むタイミングが遅いときがあったのです。

運転している私からすれば、赤信号や前に止まっている車は認識しているので、これからブレーキを踏むことは分かっています。しかし、同乗者にはそれが分かりませんので、タイミングが遅いと「氣づいていないのでは」と不安を与えます。

つまり、私は同乗者の立場に立った運転をしていなかったということです。

なるほど、自己中心的な心の状態に陥っていて、
心身統一合氣道の五原則にある「相手の立場に立つ」にに反しています。そういう心の状態のときは、技もうまくいかないのも、考えてみれば当たり前のことでした。

もう一つは、信号が黄色になったときの対応です。

道路交通法では、交差点を通過しているときに信号が黄色に変わると、周囲に氣をつけながら交差点を通過することになっています。交差点のなかで車が止まってしまうと、交通の妨げになるからです。

他方で、交差点の手前で黄色に変わった場合は、後続車に危険がない限りは、速やかに減速して停止線で止まることが基本なのですが、時々、私は黄色信号になると加速して交差点を通過していました。

一度注意を頂き、また注意を頂き、それでも直らなかったため、後日、宗主は私を呼んでこのように話をされました。

「お前は、なぜいけないか本当に理解しているか」

正直にいって、私は本当のところ何がいけないか分かりませんでした。実際、信号が黄色になってから加速して交差点を通過しても、それまで違反を取られたり、事故を起こしたりしたこともありません。

「お前は、目に見えるものだけを見ているのだな」

宗主はこのように言い、目に見えない「事故の確率」について話をされました。その瞬間は目に見える形で不具合が生じていないとしても、信号が黄色になって加速する習慣は間違いなくリスク
を高めています。

その確率が高ければ、一生のなかで悪いタイミングが重なると、どこかで事故を起こすことになります。信号が黄色になって減速する習慣は、間違いなく「事故の確率」を下げています。リスクはゼロにはなりませんが限りなく少なく出来ます。

このリスクは目に見えないため、「いま問題になっていないのだから、これからも問題にはならないだろう」と私は考えていたのです。私の態度は「目に見えないものは存在しない」というものでした。

この態度で物事を行えば、車の運転以外でもトラブルを起こすことになります。宗主は黄色の信号について注意していたというよりも、この「目に見えないもの」を言われていたのでした。

「心が身体を動かす」のですから、運転にも心の状態が表れています。 したがって、運転を通じて心の状態を知ることが出来ます。

私の心が乱れなくなってからは、宗主は後部座席でゆっくりお休みになりました。今にして思えば、私は毎回、宗主に心の状態をチェックして頂いていたのでした。これこそ、内弟子修行の意味であったのでしょう。

|

« 春の特別合宿 指導 | トップページ | 指導員講習会(神奈川) 指導 »