« 氣の学習における選書 | トップページ | まず自分をコントロールする »

2008/03/29

神奈川県支部主催・心身統一合氣道講習会 指導

藤平 信一です。

Seminar

3/29(土)に神奈川県立武道館で、心身統一合氣道会 神奈川県支部主催の「心身統一合氣道講習会」にて指導をいたしました。

神奈川県支部は国内最大支部です。

支部主催の講習会としては、私が心身統一合氣道会 会長となってから最初の講習会でした。午前・午後6時間の講習で170名の会員の方が参加しました。

Seminar_2

私は通常、心身統一合氣道会 本部が主催する講習会で指導をするため、支部主催の講習会で指導させて頂く機会は多くありません。

合氣道の技の稽古は体験して初めて分かります。せっかくの機会なので、参加者お一人お一人と出来るだけ直に組んで、技の指導させて頂きました。

体験で得る情報量は、言葉で得る情報量と比べて比較になりません。直に体験頂いたことが一番喜んで頂いたようです。

午前中は、有段者を対象とした時間でしたので、「心を使うこと」と「考え事をすること」の違いを指導しました。

心身統一合氣道の稽古では、心の使い方・身体の使い方を系統立てて細かく指導します。とても重要なことですが、時にそれが邪魔をして、あれこれ考え事をしながら技をする方がいらっしゃいます。

Seminar_3

細かなことを知れば知るほど、技が出来なくなってしまいます。そもそも、考え事しながらの稽古は全く楽しさがありません。

「心を使うこと」と「考え事をすること」は違います。それを呼吸動作を通して指導しました。指導させて頂いた結果、多くの参加者の技が大きく活き活きとしてきました。

午後からは白帯の皆さんも加わりましたので、心身統一合氣道の最も重要な、自然体(心身統一した姿勢)からお伝えしました。

合氣道を相手を導き投げる武道ですが、心の面でも身体の面でも、自分の姿勢が不安定なのに相手を導くことは出来ません。相手を投げよう、コントロールしようとする前に、まず自分自身の心と身体をコントロールすることが不可欠です。

相手を導くには、まず、自分自身の心と身体が安定していることです。

基本となる安定した立ち姿をお伝えし、間違いやすい点を確認しました。足先まで氣が通うことと、足先に体重をかけることを間違えている方が多く見られました。

次に、基本なる立ち姿に基づいて、「臍下の一点に心をしずめる」ことをお伝えしました。

力んだとき、カッとしたとき、焦ったとき、相手を睨んだときなど、氣持ちがあがることで如何に姿勢が不安定になるかお伝えしました。同時に臍下の一点に心をしずめることで如何に姿勢が安定するか、身体を使った様々な実験を通してお伝えしました。

その後、片手交差取り呼吸投げ・肩取り二教・後ろ手首取り三教・横面打ち呼吸投げで、心が静まっている状態とあがっている状態の違いを徹底的にお伝えしました。

始めは見分けがつかない方もいらっしゃいましたが、稽古するうちに、心が静まっている状態とあがっている状態の違いが各自で分かるようになりました。

Seminar_4

その他、様々な質問を受けましたので、相手に指を取られたところからの小手下ろしなど、日頃あまり指導する機会のない技も指導しました。

この技だけでも、100人以上相手をさせて頂いたので、私自身の良い稽古になりました。

参加者の皆さんには、和やかな雰囲氣の中にも真剣に学んで頂きました。「6時間があっという間でした!」と言う方が多かったですが、私もあっという間に感じました。

講習会の企画・運営に尽力頂いた神奈川県支部の皆さんに心より御礼申し上げます。

※ 心身統一合氣道会 本部では年間を通して様々な講習会を開催しています。平成20年度のスケジュールはこちらをご覧下さい。

|

« 氣の学習における選書 | トップページ | まず自分をコントロールする »