« 相手の立場に立つ | トップページ | 氣の学習における選書 »

2008/02/11

氣フォーラム2008 指導

藤平信一です。

2/11(月)に東京国際フォーラムにて、「氣フォーラム2008」を開催しました。

「氣フォーラム」の最大の特長は、知識だけの学びではなく、体験の伴った学びであることです。今回は参加者お一人お一人へ直にお伝えするために、前回よりも定員を少なくして80名にしました。(好評でした!)

北海道から沖縄まで、日本全国から82名が参加されました。体験で得る「ひらめき」は、知識を得る満足感とはまた異なり、脳の機能を活性化させ、人をとても活き活きとさせます。会場はプラスの氣でいっぱいでした。

参加された皆さまには、心より御礼を申し上げます。

Kifourm2008_1

Kifourm2008_2_2

Kifourm2008_3 Kifourm2008_4_2

氣フォーラムは今年で5回目、今回のメインテーマは「心身統一合氣道」、サブテーマは下記の通りでした。

  • 心が身体を動かす/ 自分の心と向かい合う
  • 氣の呼吸法 / 呼吸を静めることで心を静める
  • 氣の意志法 / 一瞬で心の状態を切り替える
  • 潜在意識の活用 / 習慣を変える・性格を変える
  • 心身一如/ 常に氣が通う人間関係を構築する
  • 心身統一合氣道 / 人を活かす極意を知る

6時間という長時間のセミナーでしたが、集中力が切れる方はなく、最初から最後まで活き活きと学んで頂き、とても嬉しかったです。

氣の学びは実践・検証」と常に伝えていますが、講習後に頂いた御礼状に、「講習が終わったその日から実践・検証しています!」という声を多く頂き、お伝えした身としては、とても幸せに思います。

今回初めて参加した皆さまから講習後に頂いた感想で、その一部をご紹介します。

(男性 会社経営)

メールマガジンを拝読していて、ぜひ一度体験したいと思い参加しました。氣が通うコミュニケーションの重要性を身をもって体験しました。すぐにでも幹部研修に導入したく思います。会社経営には、様々な勉強が必要ですが、氣の勉強は礎になるものだと思います。これからも氣の勉強(実践・検証!)を続けます。

(女性 会社員)

「実践・検証しなければ、氣の学びは何もしていないのと一緒」という先生の言葉が印象的でした。今日から始められる具体的な方法を沢山教えて頂きましたので、何から実践するか迷うくらいですが、まず潜在意識を変える3つの方法を実践したいと思います。アシスタントの先生方にも親切に教えて頂いて助かりました!

(男性 経営コンサルタント)

私も講演する機会が多いのですが、伝える内容は勿論、とにかく伝え方のレベルの高さに驚きました。聞きやすい声とリズム、そして一人一人に気持ちが向いていて、まさに気が通う感じがしました。姿勢や呼吸法を体験するうちに、ひらめきが幾つもありました。

(女性 主婦)

私は気が弱く、日常で心が不安定になることが多くあります。人の視線も気になって仕方がありませんでした。気持ちの向け方を教えて頂いて、人の視線が前ほど気にならなくなってきました。自分でもその変化に驚いています。それでも調子が悪くなると、また気になり始めるので、先生が言われたように、気を長く、出来なかったことではなく出来たことを大切にしながら取り組みます。


次回の「氣フォーラム2009」は、同じ東京国際フォーラムにて、2009年2月11日(水)の建国記念の日に開催いたします。今回、お越しになった方は勿論、お越しになれなかった皆さまは是非お越し下さい!

※ この「藤平信一ブログ」では、セミナーや講演のレポートのみで、ご案内はしておりません。セミナーや講演のご案内を希望される方は「藤平信一メールマガジン」に配信登録頂きますと最新情報をお届け出来ます。

|

« 相手の立場に立つ | トップページ | 氣の学習における選書 »