« 学ぶ姿勢を調える | トップページ | 心身統一合氣道会 会長就任記念祝賀会 »

2007/09/30

藤平信一「氣の道場」(第5回) 指導

9/28(金)~9/30(日)の3日間の日程で、氣の郷にて日本経営合理化協会が主催する「藤平信一・氣の道場」(第5回)で指導をしました。全5講の最終回でした。

今回は、今までの4回の講習の総まとめに加え、洗心の行・息心の行・竹斬りの行を指導しました。詳しい内容は、このブログでお伝えすることが出来ませんが、洗心の行・息心の行・竹斬りの行を簡単に説明いたします。

洗心の行は、臍下の一点に心をしずめて、早朝に水をかぶる荒行です。通常は正月3日に行いますが、氷点下10度くらいのなか、水温4度の水をかぶります。

Jmca

息心の行は、鈴を振りながら、一息で息を吐く荒行です。一息で息を吐く強い呼吸は、全身の力を完全に抜いて、心身統一した状態でなければ出来ません。息を完全に吐くと、吸う息は自然と入ってきます。自分を守る氣持ちで息を十分に吐かないと、呼吸が続きません。思い切りの良さが身に付きます。

Jmca_2

竹斬りの行は、和紙で吊した竹を、木剣で斬る行です。和紙が切れてはいけません。氣は竹を斬ることに用いれば良いのですが、「上手に斬ろう」「斬れなかったらどうしよう」など、他のことに氣が散漫になると斬れません。心を何にフォーカスするのか、その氣の用い方を体得するのに最高の行です。

経営者は多くの人間に影響を与える力を持っています。経営者がプラスの氣で発すれば、社員もプラスになります。経営者がマイナスの氣を発すれば、社員もマイナスになります。経営者には、人を導く大きな責任があります。私の本業は心身統一合氣道の指導ですが、世の中が良くなる為に経営者向けの講習で指導しています。

5回の講習を通して、多くの経営者の皆さんが氣の実在を体験され、その活用方法をお学び頂きました。そして、多くの喜びの声をお聞き出来ました。参加された皆様には勿論のこと、こういった縁を下さった日本経営合理化協会に心から感謝をしています。

|

« 学ぶ姿勢を調える | トップページ | 心身統一合氣道会 会長就任記念祝賀会 »