« 習慣を変える(2) | トップページ | 藤平信一「氣の道場」(第2回) 指導 »

2007/06/03

大学合同新入生歓迎講習会 指導

藤平信一です。

6/2(土)~6/3(日)の二日間の日程で、氣の郷(栃木総本部)の天心館道場にて、「大学合同新入生歓迎講習会」を開催しました。私は初日に指導しました。

心身統一合氣道の根幹である氣の原理(心が身体を動かす)に基づき、呼吸動作を指導しました。相手を投げるには、まず自分自身の姿勢が安定していなければいけません。まず、静坐での正しい姿勢(心身統一した姿勢)を指導しました。

Seminar_2_5

また、参加者と一人一人相手をして呼吸動作をしました。心身統一合氣道は、体験して感じ取ることが重要です。一度、感覚が分かると、その感覚を目指して稽古出来ます。姿勢が如何に重要か、体験した学生は身をもって理解したことと思います。

この写真はデモンストレーションの一つです。正面から一生懸命私を押していますが、私は心身統一した状態で盤石な姿勢を保っています。

Seminar_18 

さらに、日常生活で稽古するために「心身統一」と「心身分離」について指導しました。

日常生活で、私たちは無意識に心身分離の行動をしています。道場で心身統一の稽古をしても、日常生活で心身分離の行動をしていたら身に付きません。道場にいる時間よりも、道場にいない時間の方が多いのですから当たり前です。

そこで、心身分離になりやすい例をあげて、各自でチェックできるように伝えました。心身統一した状態と心身分離の状態で、周囲に与える印象があまりの違うので多くの学生から驚きの声が出ていました。こういう学びは将来の大きな財産になります。

相手への正しい氣の向け方を確認してから、相手の氣が動いた瞬間に動く稽古をしました。相手の身体が動いてから動き出すのでは動作は遅れてしまいます。始めはうまく出来なかった学生もいましたが、最後には相手の氣を察して動けるようになりました。

今回は、麻疹予防のために部活動が禁止され、講習会に参加出来ない大学が複数ありました。そのため、例年より参加者は少なかったのですが、それでも参加した学生はお互いにコミュニケーションを深めたようです。

参加出来なかった大学は、次に機会にぜひ参加して下さい。直接、指導するのを楽しみにしています。

|

« 習慣を変える(2) | トップページ | 藤平信一「氣の道場」(第2回) 指導 »