« 藤平信一「氣の道場」(第2回) 指導 | トップページ | 審判員指導員講習会 指導 »

2007/06/28

メリーランド全米講習会 指導

藤平信一です。

Seminar_21

6/21(木)~24(日)に開催されたメリーランド全米講習会で指導をして参りました。全米講習会は、全米の各支部の指導者を対象とした講習会で、年に1回、毎年場所を変えて開催されます。アメリカで最も重要な講習会なので私が直に指導します。ちなみに昨年はオレゴン全米講習会、一昨年はラスベガス全米講習会でした。

今回の全米講習会のホストはMaryland Ki Societyです。ワシントンDCから車で約30分ほどのところにあるSilver Springという街で、アメリカ政府の建物の中に講習会場が設営されました。そのため会場に入るためのセキュリティが厳重でした。参加人数に対して少し狭かったのですが、とても良い会場でした。

Seminar_2_9 Seminar_3_4

今回の全米講習会のテーマは「臍下の一点に心を静める」でした。臍下の一点に心が静まった状態と、そうでない状態の違いを徹底的に指導しました。講習では指導者一人一人と直に相手をして、呼吸動作・呼吸投げ・二教・三教・小手下ろし・四方投げなど様々な技を通して、その違いを体験して頂きました。

Seminar_6_2

Seminar_4_2 Seminar_5_2

Seminar_9_2 Seminar_10_2

Seminar_11_1 Seminar_12_1

Seminar_14_1 Seminar_15_1

そもそも臍下の一点を体得する上で問題なのは、臍下の一点を失っているとき、つまり意識が頭に来ていたり緊張していたりするときは、自分では臍下の一点を失っていることに氣づかないことです。自分で氣づくようになって初めて、臍下の一点に心を静めることが出来ます。

それにはまず、相手の姿勢・動作を見て、臍下の一点に心が静まっているかを見る訓練をすることです。始めは違いが良く分からなかった参加者もいましたが、講習が進むにつれて、相手の姿勢や動作を見るだけで違いが分かるようになり、最終的には自分自身のことについても違いが分かるようになりました。

稽古において、指導者から指摘を受けることも重要です。一方で、自分自身で氣づくようになることは更に重要なことです。私が今回指導するのは4日間、私から指摘を受けて直すだけでは、私が帰国してしまえば稽古が出来ません。自分自身で違いが分かるようになって初めて、その後も正しく稽古が出来るからです。

「理解すること」「出来るようになること」は嬉しいことなのでプラスの氣が出ています。この講習会中、会場はプラスの氣でいっぱいでした。真剣な学びの中にも、常に笑顔の絶えない講習会でした。私にとってもそうですが、参加者にとってもあっという間の4日間だったようです。とても充実した4日間を過ごしました。

講習会後には現地の会員の方のご縁で日本大使館を訪れ、特命全権大使の加藤様とお目にかかりました。心身統一合氣道について、また全米講習会についてお話しました。加藤様は人格高潔な素晴らしい方で、楽しい一時を過ごしました。こういった方が日本の立場や地位を守っていることを知って感銘を受けました。

Picture

来年は4年に1回開催される国際心身統一合氣道競技大会があるため、全米講習会は開催されません。再来年(2009年)はコロラド全米講習会が開催されます。海外の講習会は日本での講習会と雰囲氣が随分と違います。日本国内の心身統一合氣道会の指導者も、ぜひ参加して経験して頂きたいと思います。

私的なことですが、今回の滞在中、英語を聞き取る上でほとんど困ることはありませんでした。多くのアメリカの指導者から「先生の英語は伝わる英語で素晴らしい」「難しいことを実にシンプルに説明する」と褒めて頂きました。これも正しい学習方法を指導頂いている「英会話イーオン」のお陰です。感謝しています。

全米講習会のホストとなったMaryland Ki Societyの皆さんと、アメリカ全土と南米から集まって下さった皆さんに心から感謝しています。

|

« 藤平信一「氣の道場」(第2回) 指導 | トップページ | 審判員指導員講習会 指導 »