« セルフコントロールの実践 | トップページ | 第26回全日本心身統一合氣道競技大会 »

2006/07/10

審判員指導員講習会 指導

藤平信一です。

7/8(土)~9(日)に氣の郷にて、審判員指導員講習会を開催しました。日本全国から約50名の審判員・指導員が集まり、共に稽古をしました。心身統一合氣道会で最も重要な講習会の一つで、最初のクラスで私が指導させて頂きました。

Seminar_5

審判員・指導員が対象の講習会なので、藤平光一先生がまとめられた誦句集に基づき、まずは最も重要な稽古の目的を確認しました。また、基本となる自然な姿勢(心身統一した姿勢)をお伝えして、正しい指導の仕方を徹底的に指導しました。

講習会全体では、7/29(土)~30(日)に開催される第26回全日本心身統一合氣道競技大会の種目となっている技を中心に稽古しました。

Seminar_2_2

心身統一合氣道会には審判員・指導員制度があります。指導員は心身統一合氣道を指導するために必要な資格です。審判員は、指導に加えて、競技大会の審判を務めたり、昇級段審査会で審判を務めるために必要な資格です。

審査や指導をする指導者には、とても大きな責任があります。指導者が審査や指導を正しく行えば、生徒を正しい方向に導くことが出来ます。指導者が審査や指導を誤って行えば、生徒が一生懸命稽古しても誤った結果しか生じません。

指導をするためには継続して学ぶことが不可欠です。

審判員は年4回行われる審判員講習会に2回以上、指導員は年6回行われる指導員講習会に年1回以上、参加して学ぶ必要があります。それぞれの資格は3年間に一度更新時期を迎え、規定の出席数に満たない指導者は更新をすることが出来ません。

この講習会は審判員・指導員の任命や道場認可の機会でもあります。今回の講習会では、新たに2名の方を審判員として任命しました。また、今まで「教室」として活動してきた一つの教室が昇格して、新たに「道場」として認可しました。おめでとうございます!

また、この講習会にチリ氣ソサイエティの責任者が特別参加して学ばれました。心身統一合氣道は世界中で着実に普及されています。

|

« セルフコントロールの実践 | トップページ | 第26回全日本心身統一合氣道競技大会 »