« 身体を柔らかく保つ(2) | トップページ | 心をしずめて睡眠の質を改善する »

2006/03/13

氣フォーラム2006を終えて

藤平信一です。

「氣フォーラム2006」を開催してから2週間が経ちましたが、現在もなお、参加者からフォーラムの感想を頂いています。講演をした者として、とても幸せに思います。

テーマは「氣と教育(コミュニケーション)」でした。

ほとんどの方が「教育に対する考え方が完全に変わった」と、ご自身の体験をふまえて、感想をお寄せ頂いています。予想以上の反響に、教育に関心を持っている方が多いこと、その関心の深さを肌で感じました。

ある参加者からは、

今の世の中に絶対に必要なことなのに、DVD化して販売しないとは何事ですか!

とお叱り頂きました。

幸せなお叱りです。今後に活かしたいと思います。

フォーラムは午前・午後・夜間と三部に分かれていましたが、一日を通して参加された方が半数以上でした。アンケートで「フォーラムの時間の長さ」をお尋ねしたところ、ほとんどの方が「短い」とお答えになっていました。

会場の雰囲氣も明るく、疲れたご様子も全くありませんでした。フォーラムは体験ベースでしたので、ただ「聞く」学びよりも、実際に「体験する」学びだったのが良かったようです。

次回の「氣フォーラム2007」の開催が決定しています。

2007年2月12日() 午前・午後・夜間
東京国際フォーラム ホールD5


ご多用のことと思いますが、読者の皆さまのお越しを心よりお待ちしています!

ところで、参加者のお一人に、高橋さんという女性がいらっしゃいました。高橋さんがフォーラムの内容をホームページで紹介しています。これが実にまとまっていて、講演した本人が拝読しても驚きです。ひょっとしたら、私の話よりもずっと面白いかもしれません(笑)。優秀な方がまとめると、新たな氣づきが生まれるものですね。

ぜひご一読下さい。おすすめです。

テクニカルライター 高橋浩子のホームページ

氣フォーラム2006レポート(その1)
氣フォーラム2006レポート(その2)

|

« 身体を柔らかく保つ(2) | トップページ | 心をしずめて睡眠の質を改善する »