« 氣の学習方法 | トップページ | 氣の向け方を工夫する »

2005/10/30

World Camp 2005 指導

10/19(水)~10/23(日)の4泊5日の日程で、氣の郷にて「World Camp 2005」が開催されました。10/22(土)~23(日)は日本国内の審判員・指導員講習会と合同で行われました。

日本からは勿論、アメリカ・ヨーロッパ・ロシア・オーストラリアから、指導者を中心に140名近い方が参加されました。全日程で私が指導をさせて頂きました。

worldcamp

最初の講習には藤平 光一先生がお越しになり、参加者の皆さんお一人お一人と握手をされて、最後に記念撮影をしました。また、ハワイで50年間継続して学ばれている指導者の表彰式を行いました。藤平 光一先生より記念品(直筆の書が入った益子焼のお皿)が授与されました。

今回のワールドキャンプのテーマは"The Universal Mind"でした。私たちは誰でも、人や物事を自分の思い通りに動かしたいという自己中心的な心を持っています。しかし、そのような自己中心的な心で行動すると、相手の心は反発して常に相手との関係で衝突を生じます。合氣道の技においても同じことです。合氣道の技を通して、自分の心をコントロールして、相手を動かすのではなく相手と共に動く心を稽古しました。

氣の郷の天心館道場は520畳ありますが、道場いっぱいになって心身統一道と心身統一合氣道の稽古を行いました。

worldcamp_2

worldcamp_3

合氣道の稽古は説明を受けることよりも直に体験することが重要です。そこで、参加者全員とお一人ずつ直にお伝えして、正しい技と間違った技の違いを体験頂きました。私にも多くの氣づきがありました。セミナーはプラスの雰囲氣で、何とも言えない一体感がありました。

worldcamp_4

worldcamp_5

この"World Camp 2005"では、心身統一合氣道だけではなく、氣の呼吸法や氣圧法をお伝えしました。また、心身統一合氣道学院の学生によるお茶会にご出席頂き「氣と茶道」を体験頂きました。

ところで、私は当然のことながら英語で指導をします。氣が出ているとは素晴らしいことで、普段ならば聞き取れないような英語も聞き取れます。しかしそれは、言葉を聞いているというよりも、相手の氣の動きを感じ取っているんですね。相手にしっかり氣を向けているので、相手が何を言いたいのか察することが出来ます。あらためて、氣を向けることの重要性を感じました。

余談ですが、セミナーが終わった後に妻と会話をしていたら、妻の日本語が聞き取れませんでした。セミナーを無事に終えた油断で、妻に対して十分に氣を向けていなかったんですね。これではいけません。まだまだこれからです。

|

« 氣の学習方法 | トップページ | 氣の向け方を工夫する »