トップページ | 2005年10月 »

2005/07/05

ラスベガス全米講習会 指導 (2)

今回の全米講習会のテーマは"Universal Mind"(霊性心)でした。

私たちは自分を中心に天地自然を認識しています。それは生きていく上で不可欠なことなのですが、自分を中心とする考え方にとらわれると物事がうまく運ばなくなります。これは心身統一合氣道だけではなく、人間関係においても同じことが言えます。

例えば、誰でも「相手を投げたい」「相手を自分の思い通りに動かしたい」「相手に自分の影響を与えたい」という心を持っています。そういった自己中心的な心で心身統一合氣道の技を行っても相手を導くことは出来ません。

心身統一合氣道の五原則に基づき、相手を動かすのではなく相手と一緒に動くことによって、はじめて相手を導くことが出来ます。自己中心的な視点で周囲を動かすのではなく、天地自然と一体になり相手と共に動く心の状態を"Universal Mind"と言います。

"Universal Mind"を身に付けることは、心身統一合氣道だけではなく、教育や人間関係における基本です。

心身統一合氣道の五原則

  1. 氣が出ている
  2. 相手の心を知る
  3. 相手の氣を尊ぶ
  4. 相手の立場に立つ
  5. 率先窮行

5日間の講習で、心身統一合氣道の様々な技や氣の呼吸法を通して"Universal Mind"をお伝えしました。心身統一合氣道の技は体験することではじめて分かりますので、参加者全員の手を取って直に指導しました。また、講習会に参加された方が出来るようになるだけではなく、それぞれの道場で正しく指導出来るようにお伝えしました。

Seminar_24

Seminar_2_11

Seminar_3_6

Seminar_4_4

講習に参加者が口々に言われていたのは「視点が変わった」ということでした。今までの学び一つ一つが爆発的に繋がり、氣づきの嵐になったようです。

今回の全米講習会に参加された方の多くは、氣の郷で10月に開催されるワールドキャンプにもお越しになる予定です。日本では、海外の指導者や会員の皆様と共に稽古が出来る唯一の機会ですので、心身統一合氣道を学んでいる方は是非ご参加下さい。ちなみに、来年のオレゴン全米講習会(西海岸)が開催され、再来年はメリーランド全米講習会(東海岸)が開催されます。日本からもご参加頂けます。

この全米講習会で最も大きな氣づきを頂いたのは、指導をさせて頂いた私かもしれません。英語のコミュニケーション能力も飛躍的に向上しました。9月にTOEIC受験をするのですが、能力の上がっている今のうちに受験したいところです(笑)。

素晴らしい機会を頂いたことに心から感謝しています。

「ラスベガス全米講習会 指導」はこちら

|

2005/07/01

ラスベガス全米講習会 指導

6/22(水)~26(日)の5日間の日程で、ラスベガスで全米講習会の指導をしました。全米の各道場から指導者を中心に約180名の方が参加されました。他にもカナダ・イギリス・ブラジル・日本からの参加者もいました。

Lasvegas2005

今までの全米講習会はアメリカのいずれかの道場(Ki Society)が主催をしてきました。しかし、今回は全ての道場による初めての共催でした。そのため、全ての道場から最も交通の便がよく、滞在が快適でリーズナブルなラスベガスが選ばれました。

講習会場となったAlexis Park Resortは、ラスベガスでは珍しいカジノのないホテルで、主にリゾートのために滞在するホテルです。講習会場はホテルのバンケットルームに畳を200枚敷いて準備されていました。寝食を共にして稽古をするので合宿のような感覚でした。

6/22(水)の午前がチーフインストラクター講習、午後がインストラクター講習でした。6/23(木)~26(日)は全体講習でしたが、6/25(土)の午前は統一道審査、6/26(日)は氣の講習を行いました。6/25(土)の夜にはバンケットがありました。

講習は大変盛り上がって、講習終了直後には講習が終わってしまうことに涙を流された方もいらして、私も心から感動をしました。運営スタッフや各道場のインストラクターの努力によって、全員が心を一つにして稽古をした結果でした。

今回、指導をさせて頂いたことで私には数え切れないほどの氣づきがありました。勿論、講習は全て英語でしましたので、英語も飛躍的に向上しました。何よりも稽古では参加者と直に手を取って指導をしましたのでコミュニケーションが持てたことが幸せでした。

このような素晴らしい機会を頂いたことに感謝でいっぱいです。

講習の内容やラスベガス滞在中の出来事については、引き続きこのブログでお伝えします。

「ラスベガス全米講習会 指導 (2)」はこちら

|

トップページ | 2005年10月 »