カテゴリー「06-メディア情報」の47件の記事

テレビ・ラジオ出演、新聞・雑誌掲載に関する記事です。

2018/03/30

婦人画報(2018年5月号)

Magazine_1
藤平信一です。

雑誌『婦人画報』(2018年5月号)の「心まで、ほどける呼吸」という記事の中で、藤平光一宗主の著書『氣の呼吸法』が紹介されました。

|

2018/01/12

ハルメク(2018年2月号)

Halmek_1
藤平信一です。

雑誌『ハルメク』(2018年2月号)の「こころのはなし」というコーナーで、私のコラムが掲載されています。コラムは全3回で、3号連続の最終回です。

ハルメク』は全国16万人の読者を持つシニア女性誌・部数No.1の雑誌です。書店ではお求めになれません

|

2018/01/06

日経おとなのOFF(2018年2月号)

Magazine_1
藤平信一です。

日経おとなのOFF(2018年2月号)』にて、「姿勢が変わる」というテーマで心身統一合氣道が紹介されました。

|

2018/01/03

致知(2018年2月号)

Magazine_1_2
藤平信一です。

雑誌『致知』(2018年2月号)の書評にて『一流の人が学ぶ 氣の力』(講談社)が紹介されました。

|

2017/12/07

ハルメク(2018年1月号)

Halmek_1
藤平信一です。

雑誌『ハルメク』(2018年1月号)の「こころのはなし」というコーナーで、私のコラムが掲載されています。コラムは全3回で、3号連続で掲載される予定です。

ハルメク』は全国16万人の読者を持つシニア女性誌・部数No.1の雑誌です。書店ではお求めになれません

|

2017/12/01

HAIRMODE(2018年1月号)

Hairmode_1_3
藤平信一です。

HAIRMODE」(2018年1月号)』にて、「動く、美しさを考える」というテーマで心身統一合氣道が紹介されました。とてもデザイン性が高い記事です。

|

2017/11/10

ハルメク(2017年12月号)

Halmek_1
藤平信一です。

雑誌『ハルメク』(2017年12月号)の「こころのはなし」というコーナーで、私のコラムが掲載されています。コラムは全3回で、3号連続で掲載される予定です。

ハルメク』は全国16万人の読者を持つシニア女性誌・部数No.1の雑誌です。書店ではお求めになれません

|

2017/07/07

月刊 武道(2017年7月号)

Budo_2
藤平信一です。

日本武道館が発行する『月刊 武道』(2017年7月号)に、東京大学先端科学技術センターの西成活裕教授がコラムを寄稿し、心身統一合氣道の稽古について触れています。

西成教授は「渋滞学」を提唱したことで有名です。現在では道路だけではなく、生産工程や人のコミュニケーションなど様々な滞りを研究され、国や企業と共同研究をなさっています。多忙な中、心身統一合氣道の稽古に精力的に通っていらっしゃいます。

|

2017/07/01

医学書院『検査と技術』(3)

Magazine_1
藤平信一です。

医学書院が発行する医療系専門雑誌『検査と技術』において、医療法人社団 昭和育英会 理事長の山藤賢様と対談をいたしました。

「人の心に寄り添う医療人になる」がメインテーマです。3号連続で掲載され、今号はその第3回です。山藤様とは『心身統一合氣道会 会報』(第17号)でも特別対談をしています。

山藤様のご厚意により、一人でも多くの皆さんにこの対談を自由にお読み頂けるように手配して下さいました。この機会に是非お読み頂きたいと思います。

対談(第3回)のPDFはこちらでご覧頂けます。

|

2017/06/19

新刊のお知らせ

Mook_1
藤平信一です。

7月5日(水)に私が監修した3秒「つま先立ち」で疲れない体をつくる!』(主婦と生活社)というムックが出版されます。本年1月にNHK総合「あさイチ」に生出演した際に私がお伝えした内容に基づいています。

つま先立ちによって「足先が感じられる姿勢」になることによって、日常生活の様々な動作が無理・無駄なく出来るようになり、様々な怪我や故障の予防になります。家事は毎日のことだからこそ、不自然な姿勢だと疲れが蓄積し、様々な身体の不具合の原因となります。

この本によって日々の家事が楽になり、心身共に健康な生活を歩まれることを願ってやみません。

この「つま先だちによる姿勢の確認」は、プロアスリートを指導する際も必ず行います。古くは一本足打法の王貞治選手から、現在ではメジャーリーガーが実践しています。本書は、運動をする方にとっても大きな助けとなると思います。

 3秒「つま先立ち」で疲れない体をつくる!
 藤平信一(監修) 主婦と生活社

本書を手に取って頂けましたら幸せです。

|

より以前の記事一覧