カテゴリー「02-外部研修・講演」の13件の記事

藤平信一が指導した外部研修・講演の一部です。

2019/01/15

経営ビジョン構想懇話会(日本生産性本部)

Jpc_1
藤平信一です。

本日、公益財団法人 日本生産性本部が主催する「第89期 経営ビジョン構想懇話会」で講演して参りました。

経営ビジョン構想懇話会は、

  • 歴史の叡智や最先端の知見を糧とし、
  • 錯綜する現代と人間の本質を解き明かし、
  • 未来を俯瞰、そこに至る道筋を深慮する

極めて高次の決断を要求されるトップエグゼクティブのための「知の深化・思索の場」として開催されています。

経営者やリーダーを対象に「氣が引き出す己の可能性」というテーマでお伝えしました。学習意識の極めて高い皆様でした。

|

2018/12/04

夕学五十講(慶應丸の内シティキャンパス)

Keio_mcc_1
藤平信一です。

本日、慶應丸の内シティキャンパス(慶應MCC)が主催する「夕学五十講」で講演して参りました。会場は東京・丸の内にある丸ビル7階にある丸ビルホールです。

慶應丸の内シティキャンパス(慶應MCC)は慶應義塾の社会人教育機関です。

「時代の“潮流と深層”を読み解く」というコンセプトにもとづいて、 前期(4月~7月)・後期(10月~2月)の期間に、様々なテーマで半期で25講演(通年で50講演)が開催されています。 90分間の講演と30分間の質疑応答で構成されています。

Keio_mcc_1

「持っている力を最大限に発揮する」ことをテーマに体験形式でお伝えしました。この講演は全国のサテライト会場で同時配信されました。学習意欲が高い方が多かったようで、質疑応答では講演会場からは勿論、全国のサテライト会場からも活発に質問を頂きました。

ご縁を頂いた皆様に心から感謝をしております。

|

2018/07/19

全国経営者セミナー(日本経営合理化協会)

Jmca_1
藤平信一です。

パレスホテル(東京)にて、日本経営合理化協会主催の「夏季136回 全国経営者セミナー」が開催されました。

日本全国から集まった約600名の経営者に体験形式で講演をしました。皆さん真剣に学ばれていました。

日本経営合理化協会では、先代の時代から二代に渡って様々な指導の機会を頂いています。多くの皆様との素晴らしいご縁を頂いてます。

|

2018/05/26

福澤諭吉記念文明塾(慶應義塾大学)

Keio_01
藤平信一です。

本日、慶應義塾大学の三田キャンパスで行われた「福澤諭吉記念文明塾」で、4時間ほど講義をしました。

Keio_1

福澤諭吉記念文明塾は、未来貢献を志す先導者を育てるべく、学部生・大学院生・社会人を対象に開かれた学びの場です。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科の前野隆司教授の推薦で出講し、私の講義は今年で4年目を迎えました。

Keio_3
学習意欲の高い塾生の皆さんには、まずは心身統一合氣道の土台となる自然な姿勢と呼吸を体験して頂きました。さらに、大事な場面で持っている能力を最大限に発揮すること、コミュニケーションやネゴシエーションへの活用についてお伝えしました。

Keio_5
一つの体験は百の言葉よりも深く理解出来るもので、大きな反響がありました。講義は質問を受けながら進め、内容の深い質問が多かったのが印象的でした。最後に、安全に出来る範囲で心身統一合氣道の動きも体験して頂きました。

Keio_7
このような素晴らしい機会を頂いていることに心から感謝をしております。福澤諭吉記念文明塾の皆さんの今後のご活躍を心よりお祈りしています。

|

2017/04/14

知命社中(グロービス)

Globis_1
藤平信一です。

本日、グロービスが主催する「知命社中」で講演して参りました。

「知命」とは、50歳にして自らの使命を自得するという孔子の言葉です。 混迷の時代における経営者の役割は、目指すべきビジョンを示し、強い使命感と自らの哲学に基づき、組織が向き合うアジェンダを定めること。

重責を担う経営幹部は、専門領域に閉じずに守備範囲を広げ、自己を掘り下げ内面を鍛えることが不可欠です。ここに集い切磋琢磨し、新時代を拓こうと自得する場が「知命社中(The next decade program)」です。

トップエグゼクティブを対象に「持っている力を最大限に発揮する」というテーマでお伝えしました。学習意識の極めて高い皆様でした。

|

2017/02/28

道の学校(慶應SDMヒューマンラボ)

Michi_no_gakko_1
藤平信一です。

慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科が主催する第1回「道の学校」のゲストスピーカーとしてお招き頂き、トークセッションをいたしました。

ゲストスピーカーはもう一方おられ、プロラグビー選手の佐々木隆道さんでした。

無意識の整え方』で対談させて頂いた前野隆司教授と東大病院循環器内科助教で医師の稲葉俊郎先生が発起人を務める、日本の「道」に学ぶ新たな試みです。

定員(100名)を遙かに上回る参加者で、質疑応答を含めてとても活氣のある集まりでした。

また偶然にも、『無意識の整え方』に登場された総ての対談者が会場に揃うことになり、記念撮影をしました。

写真は、中央が前野隆司教授、右から対談の順番通りに私、僧侶の松本紹圭さん、先日「Kiフォーラム2017」でご一緒した山田博さん、稲葉俊郎先生です。

Michi_no_gakko_3
今回が「道の学校」のキックオフだったようです。今後のご発展を心よりお祈りしております。

|

2014/03/20

人間サイエンスの会(超党派の国会議員による勉強会)

Lower_house_4

藤平信一です。

本日、東京・永田町の衆議院第一議員会館の国際会議室で超党派の国会議員による勉強会「人間サイエンスの会」にて氣の講習をしました。

2時間の講習は大変盛況なものとなりました。

お世話になりました「人間サイエンスの会」の皆様に心よりを御礼申し上げます。

|

2014/03/15

国際生命情報科学会

藤平信一です。

東邦大学の有田秀穂名誉教授が会長を務める「国際生命情報科学会」の依頼により、本日、シンポジウムのワークショップで氣の講習をいたしました。心身統一合氣道の土台である統一体(安定した姿勢)、臍下の一点、氣の呼吸法を体験形式でお伝えしました。

国際生命情報科学会は、生命情報に関する科学的研究の推進、国際的交流提携を目的として1995年に設立され、意識・精神・心が関与する分野などにおける未知な現象を科学的実証に基づき解明することを目指している学会です。

シンポジウムでは医師の帯津良一先生の特別講演、渥美和彦先生・帯津良一先生・有田秀穂先生による鼎談もあり、大変興味深く拝聴しました。東京工業大学在籍中、私は生命理学を専攻していましたので、シンポジウムの内容に親しみを覚えました。

心身統一合氣道がお伝えする内容は、人間が本来持つ能力を最大限に発揮することを目的としていますので、今後もお役に立つことが多くあるようです。

|

2013/11/27

架け橋プロジェクト(ユネスコ)

Unesco_1

藤平信一です。

日本の外務省では「架け橋プロジェクト~明日への架け橋~」を実施しています。日本経済の再生に向けて、日本に対する関心を高めて外国人訪問数を増やし、日本的な「価値」の理解を深めることが目的とのことです。

その「架け橋プロジェクト」の一つとして、日本ユネスコ協会連盟が「カナダとの高校生交流事業」を実施しています。日本ユネスコ協会連盟から依頼を頂き、日本文化の紹介として心身統一合氣道を指導しました。

第1回は10月21日(月)に東京都内のホテルにて、第2回は本日、総本部道場(栃木県)で講習を行いました。心身統一合氣道の基本的な技に基づき、日常生活で活用出来るように自然な姿勢や呼吸をお伝えしました。

英語で講習をしたこともあって、会場はすぐに良い雰囲氣となりました。学ぶ姿勢の整った優秀な学生達でした。彼らの将来がとても楽しみです。

尚、この講習の様子は東京新聞(栃木版)で紹介されました。記事はこちらでご覧頂くことが出来ます。

|

2012/11/17

福岡ソフトバンクホークス

藤平信一です。

11/14(水)~16(金)の3日間の日程で、福岡ソフトバンクホークスの秋季キャンプで指導して参りました。

秋山監督・コーチ陣・一軍選手・二軍選手の皆さんに、鼎談本「動じない。」の実技をお伝えしました。

来季の活躍を心より願っております。

|

より以前の記事一覧