2014/10/13

剣杖合宿(総本部) 指導

Tochigi_1
藤平信一です。

10/11(土)~13(月)の3日間の日程で、総本部道場(栃木県)で「剣杖合宿」を開催しました。

一部の時間は、同じ日程で開催した「氣圧法スクーリング」と「氣の書法スクーリング」と合同で行いました。

全国各地から総勢50名の皆さんが参加されました。

私は初日に指導しました。最終日には「竹斬りの行」を行い、参加された方は全員竹を斬ることが出来ました。

大型の台風が迫るなかで総本部までお越し頂いた皆様に心より御礼申し上げます。

|

2014/10/07

「氣の意志法特別講習会」追加開催のご案内

Seminar_1

藤平信一です。

9月1日の記事「氣の意志法」に基づいた特別講習会を開催いたします。9月25日からメールマガジンで先行申込を受け付けましたが、即日定員となりました。多くの皆様からご要望を頂きましたので、下記の通り追加開催いたします。

2時間の講習と質疑応答で、私が指導いたします。参加者全員に出来る限り直にお伝え出来るように、定員を30名に限っております。お申し込みは先着順で、定員に達しましたら受付を終了いたします。

追加開催する会場と日時は下記の通りです。

  • 東京会場 11 7日(金) 19:00-21:00
    定員となり受付を終了しました(10/7現在)


  • 大阪会場 11月 22日(10:00-12:00

皆様のご参加を心よりお待ちしています。


特別講習会を主催する心身統一合氣道会からの「お申し込みにあたっての注意点」です。

  1. 参加対象は心身統一合氣道会の「指導員」と「会員」です。指導員・会員が同行される場合は、一般の方でも参加が可能です。一般の方だけでの参加は出来ません
  2. 定員を設けます関係で、お申し込み後のキャンセルは出来ません万一、お申し込み後にご都合がお悪くなった場合は、指導員・会員であれば代わりに参加頂くことが可能です。
  3. 心を静める」(藤平信一著)の内容が講習に含まれますので、事前にお読み頂きご参加下さい

|

指導員講習会(神奈川県支部) 指導

Kanagawa_1

藤平信一です。

本日、指導員講習会(神奈川県支部)で指導しました。30名の指導員が参加しました。

指導内容については「心身統一合氣道会 指導者心得」でご覧頂けます。アクセスするには、指導員専用のIDとPasswordが必要です。


指導員講習会について

心身統一合氣道を指導には指導員資格が必要です。心身統一合氣道会では学び続ける者が指導できます。

指導員は、年間を通じて総本部東京本部大阪本部、及び全国主要都市で開催される指導員講習会に参加しています。指導員講習会は私が指導します。

指導員講習会の詳細についてはこちらをご覧下さい。

|

2014/10/04

指導員講習会(東京本部) 指導

Tokyo_1

藤平信一です。

本日、指導員講習会(東京本部)で指導しました。35名の指導員が参加しました。

指導内容については「心身統一合氣道会 指導者心得」でご覧頂けます。アクセスするには、指導員専用のIDとPasswordが必要です。


指導員講習会について

心身統一合氣道を指導には指導員資格が必要です。心身統一合氣道会では学び続ける者が指導できます。

指導員は、年間を通じて総本部東京本部大阪本部、及び全国主要都市で開催される指導員講習会に参加しています。指導員講習会は私が指導します。

指導員講習会の詳細についてはこちらをご覧下さい。

|

2014/10/02

祝・福岡ソフトバンクホークス リーグ優勝

藤平信一です。

先ほど福岡ソフトバンクホークスが今季の最終戦でリーグ優勝しました。終盤は本当に苦しい時間を過ごされたことと思います。心よりお祝いを申し上げます。

|

2014/10/01

竹斬りの行


Title_2_3

 

藤平信一です。

10/11(土)~13(月・祝)に総本部道場(栃木県)にて「剣杖合宿(総本部)」を開催いたします。

 

最終日の「竹斬りの行」について多くのお問い合わせを頂いていますので、今回は「竹斬りの行」に触れます。

 

「竹斬りの行」というものがあります。青竹の両端を、切れ目を入れた和紙に入れて吊します。さらに、その和紙は上に向けられたナイフの刃で支えます。

 

和紙一枚では支えることは出来ず、二枚でも難しく、三枚でようやく支えることが出来ます。それでも「ピリッ!ピリッ!」と紙が切れる音がして、正に「紙一重」で支えています。

 

そのような状態にある青竹を木刀で斬るのです。竹に少しでも重さがかかると和紙は切れてしまい、竹は切れることなく、そのまま落ちてしまします。少しでも力みがあると竹は斬れません。

 

リラックスして、先に氣を通してから竹を斬ると、和紙は切れることなく、竹だけスパッと斬れます。

勿論、「竹を木剣で斬れたから偉い」わけではありません。「竹斬りの行」では心の状態がそのまま結果に表れるので、自分の心の状態を知ること出来ます。それが行の目的です。

 

使うべきことに100%心を使えている状態を「集中」といい、使うべきでないことに心がとらわれると、集中は乱れます。「上手に斬ろう」「斬れなかったらどうしよう」と考えると、集中が乱れてしまい竹は斬れません。

 

心を静めて、ただ「斬る」ということに心が集中していれば、竹を見事に斬ることが出来ます。

 

「心が身体を動かす」、心の状態がどれほど身体の状態に影響を与えているかを、「竹斬りの行」で深く実感出来るのです。

今から20年以上前のこと。

 

日本経営合理化協会主催「藤平光一・氣の道場」では、5回講義の最終回に「竹斬りの行」を行っていました。

 

そこにある親娘が参加していました。お嬢さんは当時、小学生でした。お母様は会社の経営者として活躍し、多忙にされていて、お嬢さんはそんなお母様に反発している様子でした。「氣の道場」にも嫌々連れて来られているようでした。

お母様は一回で竹を斬れましたが、お嬢さんは失敗して、何度、繰り返しても斬ることが出来ませんでした。そのうちに泣き出してしまいました。その様子を、私はお供として冷や冷やして見ていました。

藤平光一宗主はそのお嬢さんに優しく語りかけました。

 

宗主  「なぜ、斬れないか分かるかい?」

お嬢さん「(泣きながら)分かりません!」

宗主  「あんたは、お母さんに反発をしているね?」

お嬢さん「・・・、はい」

宗主  「ここにもお母さんに無理やり連れて来られたから、自分にも出来るとは信じられないのだね?」

お嬢さん「・・・、はい」

宗主  「ワシのことをたった一度でいいから信じなさい。出来ると心を決めて斬ってみなさい。出来るね?」

お嬢さん「はい!」

 

その直後、そのお嬢さんはスパッと竹を斬りました。それを見ていた多くの経営者から歓声が上がりました。

 

宗主はお母様に「お嬢さんも大きな力を持っているのだから、あなたもそれを信じてあげないといけませんよ」と声をかけました。お母様は泣きながらお嬢さんに寄り添っていました。

 

「心が実在すること。心には力があること。あなたにも力が備わっていることを信じて欲しいのだ」。そのとき、私は初めて「竹斬りの行」の意味を知りました。

 

これまで6歳の男の子から、80歳の女性まで見事に竹を斬っています。初心者でも上級者でも正しく行えば必ず出来ます。「竹斬りの行」を体験されませんか。

「剣杖合宿(総本部)」の詳細はこちら

|

2014/09/28

第33回全日本心身統一合氣道競技大会

Competition_1

本日、心身統一合氣道会 総本部道場で「第33回全日本心身統一合氣道競技大会」を開催しました。 全国から選ばれた学生が日頃の稽古の成果を競いました。

この競技大会は技の優劣を競うものではなく、決められた種目(体技)を通じて心身統一の深浅を競います。

部門は「個人の部」と「団体の部」にわかれ、さらに中学・高校・大学別にわかれます。

競技大会の結果はこちらをご覧下さい。

開催にあたって多くの個人・法人の皆様からご協力とご支援を頂きました。心より御礼を申し上げます。

|

2014/09/26

「氣の意志法特別講習会」のご案内

Seminar_1

藤平信一です。

9月1日の記事「氣の意志法」に基づいた特別講習会を開催いたします。9月25日からメールマガジンで先行申込を受け付けておりましたが、本日からブログでもお申し込み受付を開始いたします。

2時間の講習と質疑応答で、私が指導いたします。参加者全員に出来る限り直にお伝え出来るように、定員を30名に限っております。お申し込みは先着順で、定員に達しましたら受付を終了いたします。

会場と日時は下記の通りです。

  • 東京会場 12 7日(14:00-16:00
    定員となり受付を終了しました(9/26現在)


  • 大阪会場 11月 2日(10:00-12:00
    定員となり受付を終了しました(9/27現在)

  • 福岡会場 1124日(10:00-12:00
    定員となり受付を終了しました(10/10現在)

皆様のご参加を心よりお待ちしています。


特別講習会を主催する心身統一合氣道会からの「お申し込みにあたっての注意点」です。

  1. 参加対象は心身統一合氣道会の「指導員」と「会員」です。指導員・会員が同行される場合は、一般の方でも参加が可能です。一般の方だけでの参加は出来ません
  2. 定員を設けます関係で、お申し込み後のキャンセルは出来ません万一、お申し込み後にご都合がお悪くなった場合は、指導員・会員であれば代わりに参加頂くことが可能です。
  3. 心を静める」(藤平信一著)の内容が講習に含まれますので、事前にお読み頂きご参加下さい

|

2014/09/06

指導員講習会(大阪本部) 指導

Osaka_1

藤平信一です。

本日、指導員講習会(大阪本部)で指導しました。21名の指導員が参加しました。

指導内容については「心身統一合氣道会 指導者心得」でご覧頂けます。アクセスするには、指導員専用のIDとPasswordが必要です。


指導員講習会について

心身統一合氣道を指導には指導員資格が必要です。心身統一合氣道会では学び続ける者が指導できます。

指導員は、年間を通じて総本部東京本部大阪本部、及び全国主要都市で開催される指導員講習会に参加しています。指導員講習会は私が指導します。

指導員講習会の詳細についてはこちらをご覧下さい。

|

2014/09/01

氣の意志法


Title_2_3

 

藤平信一です。

国内外の講習会で指導して、最も多く受ける質問の一つは、「氣の意志法」についてです。

「氣の意志法」は、心身統一を持続するための訓練法です。そして氣の意志法には「集中法」と「拡大法」、さらに「集中法と拡大法を繰り返す」の3つがあります。

「集中法」とは心の波が無限小に静まることが目的であり、この状態を持続するための訓練法です。

水面に触れると波が立つのと同じく、何か事が生じると、それによって心に波が立ちます。これは当たり前のことです。その心の波を静めようとすればするほど、新たな波が生じ、結果として波は静まりません。

最も早く静まるのは、自然の状態に任せて放っておくこと。すると、波は二分の一、二分の一・・・と静まって行って、無限小に静まっていきます。

集中法は「心の働き」であり、初心者には会得しにくい為、始めは動きの伴う氣の意志法から訓練します。「坐る動作」「木剣を構える動作」「息を吐く動作」などで、「無限小に静まる」という実感が得られるのです。

それは合氣道の技に直結していて、力一杯相手に持たせた時、自由に動けるようになる土台となります。

「拡大法」とは、無限に広がる大きな感覚を得ることが目的で、その状態を持続するための訓練法です。

「集中」と「執着」は似て非なるもの。

「集中」しているときは周りのことも良く見え、良く感じられ、心を自由自在に使える状態です。一つのことに心がとらわれて、それしか見えなくなってしまい、心を自由自在に使えない状態を「執着」といいます。

拡大法を訓練することで、大きく広がった感覚を持続して、常に集中を保つことが出来るのです。

それは合氣道の技に直結していて、相手の変化を感じ取って、自由自在に対応出来るようになる土台です。

集中法」も「拡大法」も心身統一を持続している状態であり、手段は違えても、目的は同じです。「集中法」と「拡大法」を繰り返し、実感が一致することで、より深く理解することが出来ます。

トップアスリートには「氣の意志法」が最も喜ばれます。

特に野球やサッカーのように長いシーズンのスポーツの場合、身体だけではなく、心にも疲労が蓄積します。身体の疲労は身体を休めることによって回復をするのですが、心の疲労はそれだけでは回復しません。

心が疲れると、「集中の持続」もうまくいかなくなるのです。その時に「氣の意志法」が役立ちます。

ジネスや日常生活では、オフシーズンがあるわけでないので、その点ではさらに大変です。身体は鍛えれば強くなり、放置すれば弱くなるのと同じで、心も鍛えれば強くなり、何もしなければ弱くなる一方です。

「氣の意志法」は心を鍛える具体的な訓練方法です。

「氣の意志法」は頭の中でイメージするものではありません。考え事をすればする程、意識は頭の方に上がってしまいます。現場で指導していると、この勘違いが最も多く見られます。

また、氣の意志法が合氣道の技にどのように活きるのかも、「実際のところ良く分からない」という方もいます。

そこで「氣の意志法」の特別講習を開催することにしました。詳細については、後日このメールマガジンでお知らせします。この機会に奮ってご参加下さい。

|

«指導員講習会(神奈川県支部) 指導