2018/06/16

指導員講習会(東京)

Tokyo_1

藤平信一です。

「指導員講習会(東京)」で指導しました。首都圏の道場・教室から30名の指導者が参加しました。

指導内容については「心身統一合氣道会 指導者心得」でご覧頂けます。アクセスするには、指導員専用のIDとパスワードが必要です。


指導員講習会について

心身統一合氣道の指導には指導資格が必要です。心身統一合氣道会では学び続ける者のみ指導できます。

東京・大阪・名古屋・仙台・福岡など全国主要都市で年間を通じて開催される指導員講習会で学んでいます。

|

2018/06/10

大学合氣道部合同稽古

Tochigi_1
藤平信一です。

本日、心身統一合氣道会 天心館道場(栃木県)にて、「大学合氣道部合同稽古」を開催しました。大学合氣道部間の交流を目的に年に一度開催しています。

首都圏にある心身統一合氣道会公認の大学合氣道部(慶應義塾大学・国際基督教大学・首都大学東京・東京工業大学・日本大学・早稲田大学/50音順)から74名が参加しました。

私、藤平信一、小原英雄師範・宮﨑宏幸師範・小堀智則師範が指導しました。学生の皆さんは520畳の大道場で伸び伸び稽古していました。

稽古後には懇親のための食事会も行われました。稽古と懇親を通じて大学合氣道部間の交流を深めることが出来たようです。来年も同じ時期に合同稽古を開催する予定です。

|

2018/06/03

指導員講習会(名古屋)

Nagoya_1

藤平信一です。

「指導員講習会(名古屋)」で指導しました。中部圏の道場・教室から17名の指導者が参加しました。

指導内容については「心身統一合氣道会 指導者心得」でご覧頂けます。アクセスするには、指導員専用のIDとパスワードが必要です。


指導員講習会について

心身統一合氣道の指導には指導資格が必要です。心身統一合氣道会では学び続ける者のみ指導できます。

東京・大阪・名古屋・仙台・福岡など全国主要都市で年間を通じて開催される指導員講習会で学んでいます。

|

2018/06/01

何が問題か

Title_2_3

藤平信一です。

今回はビジネスのフィールドの話です。

いま心身統一合氣道の学びは、日本を代表する大きな企業の幹部育成の研修で、本格的に取り入れられています。バブル景氣の頃は、めずらしさで取り入れる会社が多かったようですが、現在では、明確な目的を持ち、具体的な成果を求めて導入されています。

「形のあるもの」ではなく、「形のないもの」にフォーカスすることが、激動の時代を乗り越えていくための確かな力になっているようです。

ある「問題」が生じたとしましょう。すべき努力をしているにも関わらず、問題が解決しないとしましょう。最大の原因はいったい何でしょうか。

多くの人は、「知識の不足」「スキルの不足」「経験の不足」など、自分に不足しているものを原因として挙げるかもしれません。それらは問題が解決しない一つの要素ではありますが、最大の原因は「何が問題か」を正しく理解していないことにあります。

「何が問題か」を間違えると、どれだけ努力しても解決はしません。そして、真の問題は、データなど「形のあるもの」にあるのではなく、氣のように「形のないもの」にあることが多いのです。

例えば、こちらが伝えたいことが正しく伝わらないとしましょう。勿論、それは「伝える内容」や「伝え方」にも課題があるのですが、最大の原因は「氣が通っていないこと」にあります。

この場合、「氣が通う=信頼関係の構築」と置き換えると分かりやすいかもしれません。信頼関係が十分に構築されていなかったり、ヒビがあったりすると、「氣が通っていない状態」になっています。その状態でいくら相手に伝えようとしても、正しく伝わりません。

氣が通っている状態、すなわち信頼関係が構築されているときは、伝えたい内容は正しく伝わっていきます。つまり、「何を伝えよう」「どのように伝えよう」という以前に、どうしたら相手と氣が通うかに取り組むことが重要なのです。

「伝える内容」や「伝えたいという思い」で精一杯になっていると、氣が通っているかをみることなく、そのまま突き進んでしまいます。その結果、うまくいかず、「伝える内容が悪かったのではないか」「伝え方が悪かったのではないか」と振り返るわけです。

しかし、それは真の問題ではありません。「何が問題か」を捉え間違っているので問題が解決しないのです。そして、同じことを形を変えて何度でも繰り返すことになります。

まずは「氣が通う」「氣が滞る」というフレームワークを持つこと。次に、それらを正しく感じ取れるように具体的な訓練をすることです。臍下の一点に心を静めると「氣が通う状態」「氣が滞る状態」、どちらも正しくキャッチ出来るようになります。

「伝えてはいけないときに相手に伝えてしまう」「伝えなければいけないときに相手に伝えられない」といったタイミングに関する判断ミスも少なくなります。特に、コミュニケーション、ネゴシエーションには不可欠です。

これは心身統一合氣道の稽古そのものであり、心が静まっているから、相手の氣配をキャッチして、適切なタイミングで動けるのと同じです。どのタイミングで動くかと考えた瞬間に分からなくなってしまいます。

禅の言葉に「そつ啄同時(そったくどうじ)」という言葉があります(そつ=口+卒)。「そつ」とは、卵の中の雛が内側から殻をつつく音。「啄」とは、卵の変化に氣がついた親鳥が外側から殻をつつく音。

同時に行われることで、雛はスムーズに殻を破ることが出来ます。早くても駄目、遅くても駄目。どちらも上手くいきません。相手の状態をよくみて、「その時」を逃さないことを説いた言葉です。

それには「氣が通っている」という土台が必要。多くの人を導く立場にあるリーダーには必須の訓練であり、そのため、多くの会社の幹部研修で取り入れられています。

|

2018/05/31

Web特別対談を更新しました

Web_1
藤平信一です。

『心身統一合氣道会 会報』では各分野の最前線の皆さんと特別対談を行っています。その内容をWebで公開しています。対談は月1回の頻度で更新しています。

今月は慶應義塾大学商学部の高橋郁夫教授です。

高橋先生は現在、慶應義塾常任理事をお務めになっておりますが、対談当時は慶應義塾志木高等学校の学校長を兼任されていました。学生教育の観点から対談いたしました。

対談はこちらからご覧頂けます。

|

2018/05/26

福澤諭吉記念文明塾

Keio_01
藤平信一です。

本日、慶應義塾大学の三田キャンパスで行われた「福澤諭吉記念文明塾」で、4時間ほど講義をしました。

Keio_1

福澤諭吉記念文明塾は、未来貢献を志す先導者を育てるべく、学部生・大学院生・社会人を対象に開かれた学びの場です。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科の前野隆司教授の推薦で出講し、私の講義は今年で4年目を迎えました。

Keio_3
学習意欲の高い塾生の皆さんには、まずは心身統一合氣道の土台となる自然な姿勢と呼吸を体験して頂きました。さらに、大事な場面で持っている能力を最大限に発揮すること、コミュニケーションやネゴシエーションへの活用についてお伝えしました。

Keio_5
一つの体験は百の言葉よりも深く理解出来るもので、大きな反響がありました。講義は質問を受けながら進め、内容の深い質問が多かったのが印象的でした。最後に、安全に出来る範囲で心身統一合氣道の動きも体験して頂きました。

Keio_7
このような素晴らしい機会を頂いていることに心から感謝をしております。福澤諭吉記念文明塾の皆さんの今後のご活躍を心よりお祈りしています。

|

2018/05/20

藤平光一宗主記念稽古

Tochigi_1
藤平信一です。

5月19日は藤平光一宗主の命日です。

5月19日(土)~20日(日)の二日間の日程で、天心館道場(栃木県)にて「藤平光一宗主記念稽古」を行いました。主に東日本から70名の皆さんが参加されました。

二日間に亘って、私が指導いたしました。520畳の大道場で伸び伸びと稽古をしました。

稽古前には、参加者の皆さんで藤平光一宗主のお墓参りをしました。夜には懇親会があり、たいへん親交が深まったようです。

|

2018/05/15

指導員講習会(神奈川)

Kanagawa_1

藤平信一です。

「指導員講習会(神奈川)」で指導しました。主に首都圏の道場・教室から34名の指導者が参加しました。

新たに1名を指導員に任命しました(敬称略)。

【指導員】

  • 平野 久美子(幸心館道場/神奈川)

指導内容については「心身統一合氣道会 指導者心得」でご覧頂けます。アクセスするには、指導員専用のIDとパスワードが必要です。


指導員講習会について

心身統一合氣道の指導には指導資格が必要です。心身統一合氣道会では学び続ける者のみ指導できます。

東京・大阪・名古屋・仙台・福岡など全国主要都市で年間を通じて開催される指導員講習会で学んでいます。

|

2018/05/12

指導員講習会(大阪)

Osaka_1
藤平信一です。

「指導員講習会(大阪)」で指導しました。主に関西圏の道場・教室から23名の指導者が参加しました。

指導内容については「心身統一合氣道会 指導者心得」でご覧頂けます。アクセスするには、指導員専用のIDとパスワードが必要です。


指導員講習会について

心身統一合氣道の指導には指導資格が必要です。心身統一合氣道会では学び続ける者のみ指導できます。

東京・大阪・名古屋・仙台・福岡など全国主要都市で年間を通じて開催される指導員講習会で学んでいます。

|

2018/05/01

新刊のお知らせ

Book_1
藤平信一です。

このたび、岩崎書店から私が監修する児童書を刊行いたします。児童文学作家の高橋うらら先生による文で、合氣道を学ぶ子どもが、日常や学校での課題を乗り越えていく成長のストーリーです。

心身統一合氣道にとって初めての児童書となります。良き出版社、良き編集者、良き作家の先生、そして時の運に恵まれ、いよいよ一冊の本として形になります。

6月21日に発売予定で、amazon.co.jpでは本日から予約販売が始まっています。

 『ぼくの毎日をかえた合氣道』(岩崎書店)

児童書の発行にあたり、特に留意したのが劇作家の井上ひさしさん(故人)の余りにも有名な言葉です。

 むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、
 ふかいことをおもしろく、おもしろいことをまじめに、
 まじめなことをゆかいに、
 そしてゆかいなことはあくまでゆかいに

このブログをお読みの皆さまには、手に取って頂けましたらありがたく存じます。

|

2018/04/30

指導員講習会(仙台)

Sendai_1

藤平信一です。

「指導員講習会(仙台)」で指導しました。東北地方の道場・教室から19名の指導者が参加しました。

指導内容については「心身統一合氣道会 指導者心得」でご覧頂けます。アクセスするには、指導員専用のIDとパスワードが必要です。


指導員講習会について

心身統一合氣道の指導には指導資格が必要です。心身統一合氣道会では学び続ける者のみ指導できます。

東京・大阪・名古屋・仙台・福岡など全国主要都市で年間を通じて開催される指導員講習会で学んでいます。

|

2018/04/28

Web特別対談を更新しました

Web_1
藤平信一です。

『心身統一合氣道会 会報』では各分野の最前線の皆さんと特別対談を行っています。その内容をWebで公開しています。

対談は月1回の頻度で更新しています。今回は登山家の小西浩文様です。8,000メートル級の山を無酸素で登頂するスーパーアスリートです。

対談はこちらからご覧頂けます。

|

2018/04/21

指導員講習会(東京)

Tokyo_1

藤平信一です。

「指導員講習会(東京)」で指導しました。主に首都圏の道場・教室から41名の指導者が参加しました。

指導内容については「心身統一合氣道会 指導者心得」でご覧頂けます。アクセスするには、指導員専用のIDとパスワードが必要です。


指導員講習会について

心身統一合氣道の指導には指導資格が必要です。心身統一合氣道会では学び続ける者のみ指導できます。

東京・大阪・名古屋・仙台・福岡など全国主要都市で年間を通じて開催される指導員講習会で学んでいます。

|

2018/04/02

固まらない

Title_2_3

藤平信一です。

大学の一般教養の授業で学生と関わるようになって20年になります。10年前、もしくは20年前の学生と、現在の学生を比べてみると、確かに、感じ方・捉え方・考え方には変化があるように感じます。

ただ、良く言われる「昔の学生と比べて今の学生は」などといった、今の学生だけが悪いという考えを私は持っていません。昔の学生が今の学生より優れていたこともあり、その逆もあります。

大事なことは、性質の変化を正しく認識することだと考えています。それによって適切に導いていくことが出来ます。

この何年かの変化として、「自分の想定しないこと」が起こったとき、固まってしまう学生が増えているように感じます。

特に、注意を受けたり、指摘を受けたり、叱責を受けたりすると、固まってしまい何も反応出来なくなってしまいます。自分に非があるのが分かっていても、謝罪の言葉も出て来ません。

多くの場合、どう答えて良いか分からないために固まってしまい、それが相手には「煮え切らない態度」「反抗的な態度」に映るので、相手をイライラさせて状況を悪化させています。

固まる原因は様々ですが、病氣や過去のトラウマ等でない限りは、想定外のことに接して「氣」が滞ることが原因です。そして、それは日々の稽古によって解決することが出来ます。

心身統一合氣道の稽古で例えれば、相手が突然かかって来たとき、どう動けば良いかを考えて、固まってしまうのと同じことです。今まさに、かかって来る相手に「待った!」は通用しません。何らかの対応をしなければ身を守ることは出来ません。

相手がこうかかって来たら、こう投げようという想定があると、相手が自分の想定外の動きをすると全く反応出来なくなります。

また、相手がかかって来たとき、どの技で投げようかと考えても、全く反応が出来なくなります。

どちらも「氣」が滞ってしまうのです。

心を静め、視野を広く持ち、相手の状態を感じ取ることで、氣を滞らせることなく適切に動くことが出来ます。

何かあるたびに固まってしまうお子さんであっても、稽古によって訓練することが出来ます。非常時にお子さんが自分の身を守る上でも、最も重要なことです。

話をコミュニケーションに戻しましょう。

想定外のことが生じると固まってしまう原因の一つには、「自分がどのように対応したら良いのか」を考えることにあります。どのように対応するのが正解か、を頭で考え始めてしまうのです。その瞬間に「氣」が滞ります。

「怒られたくない」「恥をかきたくない」という思いが強すぎると、固まる傾向が強くなるようです。

これは考え方を変えるだけでは解決せず、実際に身体を使って、「氣」が滞らないように訓練することが不可欠です。

道場の稽古で固まらないことを会得したら、今度は日常で、コミュニケーションにおいて同じことを訓練します。

相手が何かアクションを起こしているのに、無反応な人がいますが、この習慣はいざというときに固まってしまうことに繋がっています。

レスポンスをしない人、自分のタイミングでしかレスポンスしない人、「はい」という返事しかしない人などは要注意です。

「固まらない」ことは、私たちの稽古における重要なテーマの一つです。是非、日々の稽古で磨いて頂きたいと思います。

|

2018/03/31

心身統一合氣道会 会報

Magazine
藤平信一です。

一般社団法人 心身統一合氣道会の会報誌「心身統一合氣道会 会報」の最新号が発行されます。4月上旬から全国の会員の皆様のお手元に届く予定です。

最新号では、サッカー・なでしこジャパンの元キャプテンの宮間あや選手の特別対談を掲載しています。宮間選手は2017年から心身統一合氣道の稽古を始めました。

次号は2018年7月に発行する予定です。

これまでの会報誌の情報はこちらをご覧下さい。

|

«婦人画報(2018年5月号)