2019/03/15

新刊のお知らせ

Book_1

藤平信一です。

4月8日(月)にワニブックスPLUS新書から新刊が出ます。氣の新書シリーズの第三弾です。

「氣」の道場 - 健康長寿・成功・人氣の源は「氣」にあった -

人生100年時代を迎え、現在では80代、90代であっても、世の中の最前線で活躍される方がいらっしゃいます。『心身統一合氣道会 会報』で対談させて頂いた皆さんは、氣力でみなぎっていました。私は、「氣力」こそ人間が生きていく上で最も大事なものだと思っています。その源泉はいったいどこにあるのでしょうか。

私はいま40代。子どもの頃、いまの自分はまったく想像出来ませんでした。同じように、80代、90代になった自分のこともまったく想像ができません。年を重ねれば身体のあちらこちらに何らかの不具合があるでしょうが、社会生活を送るのに十分な健やかさがあるとき、80歳からの人生をどのように過ごすかは人生における大きなテーマになるはずです。

日本の大手芸能プロダクション「株式会社ホリプロ」の創業者である堀威夫様が、心身統一合氣道の稽古を始めたのは80歳のときでした。堀さんは現在、ホリプロのファウンダー(創業者)という立場で、会社経営からは完全に退き、ホリプロの重要な事業に関わっていらっしゃいます。 そのため、日々忙しく過ごされていますが、可能な限り毎週欠かさず稽古に通っています。

現在は86歳、もう6年も道場に足を運び続けています。道場で毎週のようにお会いする堀さんから、氣の観点で「氣力」の源泉を学びたいと思い、このたび一冊の本にすることになりました。 おそらく、この本ではわたしの言葉よりも堀さんの言葉のなかに大事なことがたくさん含まれていると思います。

本書を手に取って頂けましたら幸せです。

|

2019/03/12

指導員講習会(神奈川)

Kanagawa_1

藤平信一です。

「指導員講習会(神奈川)」で指導しました。主に首都圏の道場・教室から21名の指導者が参加しました。

指導内容については「心身統一合氣道会 指導者心得」でご覧頂けます。アクセスするには、指導員専用のIDとパスワードが必要です。


指導員講習会について

心身統一合氣道の指導には指導資格が必要です。心身統一合氣道会では学び続ける者のみ指導できます。

東京・大阪・名古屋・仙台・福岡など全国主要都市で年間を通じて開催される指導員講習会で学んでいます。

|

2019/03/11

心身統一合氣道会 会報

Magazine_1
藤平信一です。

一般社団法人 心身統一合氣道会の会報誌「心身統一合氣道会 会報」の最新号が発行されます。4月上旬から全国の会員の皆様のお手元に届く予定です。

帯津三敬病院の名誉院長で、83歳の現役医師である帯津良一先生との特別対談が掲載されています。

次号は2019年7月に発行する予定です。

これまでの会報誌の情報はこちらをご覧下さい。

|

2019/03/09

指導員講習会(大阪)

Osaka_1

藤平信一です。

「指導員講習会(大阪)」で指導しました。主に関西圏の道場・教室から19名の指導者が参加しました。

指導内容については「心身統一合氣道会 指導者心得」でご覧頂けます。アクセスするには、指導員専用のIDとパスワードが必要です。


指導員講習会について

心身統一合氣道の指導には指導資格が必要です。心身統一合氣道会では学び続ける者のみ指導できます。

東京・大阪・名古屋・仙台・福岡など全国主要都市で年間を通じて開催される指導員講習会で学んでいます。

|

2019/03/01

意識する、ということ

Title_2_3


自分が自然にしていること、出来ていることを言葉にすることで、パフォーマンスが悪くなることがあります。 それまで無意識で出来ていたことを「意識」することによって、同じように出来なくなってしまうのです。

私はこれを7年前に経験しました。次世代の指導者を集中的に育成するため、3年間ほど特別な機会を設け、それぞれの指導者と頻繁に接していたときのことです。

「氣」や「心」のように、本当に大事なものには「形」がありません。 その大事なものを伝えるために、私自身で言葉になっていないこと、感覚的に会得していること、自分が無意識に出来ていることなどを、一つずつ整理して言葉にしていく必要がありました。

「変化」は間もなく表れました。

言葉にしたことによって、それまでと同じようには出来なくなっていたのです。「無意識」の領域から「意識」の領域に持ち出してしまったのでしょう。

すっかり不調に陥ってしまいました。それでも育成は続けなければいけませんので、ひどい不調に耐えながら、これからの指導者を育てる「基礎」を作り上げました。このときの苦しさは経験したことのないものでした。

さいわいなことに、言葉にしたことをあらためて訓練することにより、私の不調は解消され、また元に戻っていきました。おそらく「意識」の領域から「無意識」の領域に戻ったのでしょう。

こういったことは、日々の稽古でも起きています。

例えば、「バランスを取る」という意識がそうです。「自然な姿勢には自然な安定がある」のですから、本来であれば、バランスは意識して「取る」のではなく、自然に「取れる」はずです。 しかし、意識してバランスを取ってしまうと逆に乱してしまうのです。

本当にバランスが取れているときは、特別な感覚はないものです。もし、自分が「バランスを取っている」と意識しているとしたら、それは本物ではありません。実際のところ、バランスが乱れているから意識するのです。

日頃から、つま先立ちをして足先まで氣が通うように訓練しておくと、それが習慣になって、いつの間にか自然にバランスが取れています。氣がついたら「よろめかなくなっていた」「転ばなくなっていた」 「疲れなくなっていた」と感じるのであれば本物です。

これは姿勢の話だけではなく、物事におけるバランス感覚も同じです。バランス感覚が良い人は、意識してバランスを取ってはいないのです。極めて自然なことなので、バランスを取っている自覚もありません。

トップアスリートを指導していると、「なぜそれを出来るのか」をアスリート自身がまったく言葉に出来ないことがあります。

私自身が経験から学んだ通り、自然に出来ていることを意識させると、パフォーマンスはかえって悪くなってしまいます。そのため、指導の際には細心の注意を払い、「無意識」の領域のものは「無意識」のまま伝わるような工夫をしています。

私たちは、まずは「無意識」でしていることを「意識」して訓練します。しかし、これだけでは「身についた」ことにはなりません。「意識」して出来ることを「無意識」で出来るように訓練が必要なのです。

「稽古」とは、私はこのプロセスを繰り返すことだと捉えています。

|

2019/02/23

特別対談(山田博様)

Talk_1
藤平信一です。

心身統一合氣道会 会報』では各分野の最前線の皆さんと特別対談を行っています。その内容をWebで公開しています。対談は月1回の頻度で更新しています。

今月は山田博様です。

山田さんはリクルートを経て、2004年プロ・コーチとして独立。人が自然、大地とのつながりを思い出し、先の世代まですべての生命とともに平和に暮らす、という願いを込めて「株式会社 森へ」を設立されました。

自分、人、森との対話を通じて、自らの原点を思い出す、「森のリトリート」という取り組みを全国各地の森で開催しています。

前野隆司教授(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科)の著書『無意識の整え方』で、山田さんと私はそれぞれ前野先生と対談しました。それをご縁に山田さんは心身統一合氣道を始めました。

対談はこちらからご覧頂けます。

|

2019/02/11

Kiフォーラム2019

Ki_forum_1_2
藤平信一です。

本日、日経カンファレンスルーム(東京・丸の内)で「Kiフォーラム2019」を開催しました。テーマは「場をつくる」でした。日本全国から204名の皆さんが参加しました。

まずは、私が体験形式で基本講習を行いました。「心身一如と心身分離」「心が身体を動かす」「臍下の一点」など、基本的な内容を確認しました。

その後、昭和医療技術専門学校の山藤賢校長をお招きして、昨年出版した『「氣」が人を育てる』に基づいて私とのトークセッションを行いました。

山藤先生のお話は総て現場に基づいたものであり、「場をつくる」とは何か、具体的な事例が多くの参加者の心に響いたようです。

Ki_forum_3_2
さらに、心身統一合氣道会の指導員だけを対象とした質疑応答の時間がありました。道場・教室における場づくりについてお話頂きました。

タレントの松居直美さんも参加され、松居さんのブログでKiフォーラムの感想を頂きました。

雪がちらつく氣温の低い日でした。参加を頂きました皆様に心から御礼を申し上げます。

|

2019/02/03

指導員講習会(東京)

Tokyo_1

藤平信一です。

「指導員講習会(東京)」で指導しました。主に首都圏の道場・教室から21名の指導者が参加しました。

新たに1名を指導員に任命しました(敬称略)。

【指導員】

  • 小林 一雄(徳心館道場/東京)

指導内容については「心身統一合氣道会 指導者心得」でご覧頂けます。アクセスするには、指導員専用のIDとパスワードが必要です。


指導員講習会について

心身統一合氣道の指導には指導資格が必要です。心身統一合氣道会では学び続ける者のみ指導できます。

東京・大阪・名古屋・仙台・福岡など全国主要都市で年間を通じて開催される指導員講習会で学んでいます。

|

2019/02/01

角度を変えてみる

Title_2_3


私は子どもの頃、12年ほどピアノに触れる機会がありました。 藤平光一先生のお弟子さんに女性ピアニストがいらして、直に教えて頂いていました。私などには勿体ない先生でした。

私は不良生徒でしたが、そのときに教わったことが今になってようやく理解出来るようになってきました。

例えば「心を静める」こと。レッスンの前にピアノを前に座り、心を静めることを徹底されます。「心が身体を動かす」のですから、心の状態は音にも影響していて、心の状態が乱れるとピアノの音も乱れてしまいます。

心が静まっていないと、自分の奏でる音を聴くことも出来ません。

心が静まるのを確認してからはじめて、鍵盤に触れることが許されます。この訓練のお陰で、何かを行うときに心の状態をみる習慣が出来ました。それは心身統一合氣道の稽古に直結していました。

例えば「氣を切らない」こと。一つの音の終わりは、次の音の始まりです。しかし、一音一音で氣が切れると、旋律が乱れてしまうのです。音のない瞬間も氣が切れることはなく、それも音楽の一部です。

「間(ま)」についても、この頃に感覚が磨かれました。

私は性格的に氣を切りやすかったようで、その度に注意を受けました このお陰で、物事の終わりに氣を切らない習慣が出来ました。「一つの技の終わりは次の技の始まり」という感覚もそこで得ました。

例えば「無限小に静まる」こと。 一つの音は、ひとたび発せられると、無限小に静まっていきます。ひとことで言えば「静止状態」に帰するのです。この静止がないと、落ち着きがなく上擦った演奏になります。

これは当時はまったく理解出来ず、今になってようやく分かって来ました。

一つの動作の後が静止することで、次の動作に繋がっています。「静」から「動」が生まれ、「動」から「静」に戻っていく。技における「静動一致」の理解のルーツは、おそらくここにあったのだと思います。

「合氣道の後継者を育成するのに、なぜピアノを学ばせるのですか」 と藤平光一先生に質問した人がいたそうです。当然の疑問かもしれません。

正面からみているだけでは分からないことも、角度を変えてみることで、はじめて分かることがあります。

これは、異なるものを自分なりに混ぜる姿勢では絶対に得られません。異なるものに共通する土台を理解する姿勢だからこそ得られます

藤平光一先生は、私にそれをさせたかったのでしょう。また、音楽における私の先生はその目的に最適の方であったのでしょう。

ピアノには、もう20年近く触れていません。とてもではないですが、どなたかに聴いて頂く状態にはありません。それでも最近では、周囲に誰もいないときに本部宿泊研修施設にあるグランドピアノに触れています。

今では、音を聴いて自分の心の状態がよく分かります。

以下は余談です。

そんな訳で、日頃からピアノ楽曲をよく聴きます。

今であれば、20年前に録音された横山幸雄さんの超絶技巧練習曲集(リスト)を、あらためて聴き込んでいます。S.139第8番「狩り」は何度聴いたか分かりません。

ポリーニ・コレクション(ショパン)もそうです。マウリツィオ・ポリーニによるエチュード(練習曲)やバラードを良く聴きます。バラード第4番Op.52は特にそうです。

クリスティアン・ツィマーマン演奏によるピアノ協奏曲(ショパン)も好んで聴きます。ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団、カルロ・マリア・ジュリーニ指揮による1978年・1979年録音版です。

|

2019/01/23

特別対談(田原総一朗様)

Talk_1
藤平信一です。

ジャーナリストの田原総一朗様と野球評論家の広岡達朗様の対談が収録された『私たちの「遺訓」 - 球界、政治・経済、マスコミ、この国の未来のために -』(ワニ・プラス)が出版されました。

広岡さんの人生に大きな影響を与えた藤平光一宗主の教えをぜひ田原さんにも体験頂きたいということで、初回の対談は心身統一合氣道会の本部道場(半蔵門)で行われました。

私から立ち姿や臍下の一点などをお伝えしました。これをご縁に、田原さんに教育の観点からお話をお聞きしました。対談はこちらからご覧頂けます。

|

2019/01/22

指導員講習会(神奈川)

Kanagawa_1

藤平信一です。

「指導員講習会(神奈川)」で指導しました。主に首都圏の道場・教室から25名の指導者が参加しました。

新たに1名を指導員に任命しました(敬称略)。

【指導員】

  • 北川 哲生(清心館道場 南箕輪教室/長野)

指導内容については「心身統一合氣道会 指導者心得」でご覧頂けます。アクセスするには、指導員専用のIDとパスワードが必要です。


指導員講習会について

心身統一合氣道の指導には指導資格が必要です。心身統一合氣道会では学び続ける者のみ指導できます。

東京・大阪・名古屋・仙台・福岡など全国主要都市で年間を通じて開催される指導員講習会で学んでいます。

|

2019/01/19

指導員講習会(大阪)

Osaka_1

藤平信一です。

「指導員講習会(大阪)」で指導しました。主に関西圏の道場・教室から17名の指導者が参加しました。

指導内容については「心身統一合氣道会 指導者心得」でご覧頂けます。アクセスするには、指導員専用のIDとパスワードが必要です。


指導員講習会について

心身統一合氣道の指導には指導資格が必要です。心身統一合氣道会では学び続ける者のみ指導できます。

東京・大阪・名古屋・仙台・福岡など全国主要都市で年間を通じて開催される指導員講習会で学んでいます。

|

2019/01/15

経営ビジョン構想懇話会(日本生産性本部)

Jpc_1
藤平信一です。

本日、公益財団法人 日本生産性本部が主催する「第89期 経営ビジョン構想懇話会」で講演して参りました。

経営ビジョン構想懇話会は、

  • 歴史の叡智や最先端の知見を糧とし、
  • 錯綜する現代と人間の本質を解き明かし、
  • 未来を俯瞰、そこに至る道筋を深慮する

極めて高次の決断を要求されるトップエグゼクティブのための「知の深化・思索の場」として開催されています。

経営者やリーダーを対象に「氣が引き出す己の可能性」というテーマでお伝えしました。学習意識の極めて高い皆様でした。

|

2019/01/09

「Kiフォーラム2019」のご案内

Ki_forum_2

藤平信一です。

「Kiフォーラム2019」のご案内です。

先日、出版した『「氣」が人を育てる』(ワニブックスPLUS新書)には、 「場」というコンセプトが何度も出て来ます。「場」が人を育てます。 良い「場」の一つとして、本書は昭和医療技術専門学校に注目をしました。

「対談相手の山藤賢先生のお話を聞いてみたい」というご要望が多くあり、 2月11日()建国記念の日に開催する「Kiフォーラム2019」では、 ゲストスピーカーとして、山藤先生をお招きすることになりました。

今回のメインテーマである「場をつくる」に基づき、まずは体験形式で私が基本講習を行います。その後、書籍の内容に基づいて山藤先生とトークセッションを行います。 質疑応答の時間もあります。

会場は「日経カンファレンスルーム」(東京・大手町)です。 参加対象は心身統一合氣道会の指導員・会員です。 指導員・会員が一緒に参加する場合は、一般の方でも参加することが可能です。

参加ご希望の方は、お早めにお申し込み下さい。

※ 定員(200名)に達したため申込受付を締め切りました(2/5現在)。

|

2019/01/08

洗心の行

Title_2_3


「洗心の行」は寒中で水をかぶる行(ぎょう)です。

元々は先代の藤平光一宗主が、新しい一年を迎えるタイミングで、 生家である代官屋敷の堀に入っていたのが始まりです。 それをみていた弟子が一人、また一人と「自分もやりたい」と増え、 堀に入りきらなくなって、場所を鬼怒川に変えることになりました。

当時、最も多い年で400名を越える皆さんが鬼怒川に入りました。 壮観な画のためか、毎年、テレビのニュースにもなっていました。 現在では、鬼怒川の環境が洗心の行に適さなくなったことから、 栃木にある本部宿泊研修施設内にある「洗心の行場」で行っています。

鬼怒川時代をご存知の方は「川の方が寒かった」と言われますが、 両方の経験があり、現在も行を続けている私の実感では、 どちらも変わりはありません。

私が初めて洗心の行に参加したのは7歳のときでした。 当時はまだ親子の関係であった藤平光一宗主に手を引かれて、 「今日はお父さんと良いところに行くんだよ」と連れて行かれたのが、 氷点下5度の鬼怒川でした...。

やりたくないと駄々をこねている間は寒くて仕方なかったものが、 やるしかないと心を決めた瞬間に感じ方が変わります。 環境は何一つ変わらないのに、耐えられない寒さでなくなるのです。 風邪を引くこともまったくありませんでした。とても不思議な体験でした。

今にして思えば、まさに「心が身体を動かす」であり、心の状態が身体の状態にどれだけ影響を与えているかを学んだのでしょう。このときの体験が、私の土台を作ったのは間違いありません。 私事ですが、 こうして始まった私の洗心の行は来年で40回目を迎えます。

洗心の行は単なる「やせ我慢」ではありません。洗心の行の目的は二つあります。

一つは「心を決める」こと。 ひとたび心を決めれば、困難に見えることも乗り越えられる。 それを根性論ではなく、身体で体得することです。

心が決まらないと寒くて一瞬たりともいられませんが、 心が決まれば、寒さを正面から受け入れられるようになります。 それを理解したら、日常生活での心の使い方に活かすことです。

もう一つは「過去の良いことも悪いことも水に流す」こと。 人間は何事にもとらわれやすいもの。 ひとたび心がとらわれて、心の停止状態になってしまえば、 目の前のことに心をまったく使えなくなります。

実際には、悪いことにとらわれる以上に、過去の成功や実績など、 良いことにとらわれる方が多いものです。 だからこそ、悪いことだけでなく、良いことも水に流すのです。 新たな氣持ちで新年を迎えるということです。

今年も氷点下のなか、100名以上の皆さんと洗心の行を全うしました(定員が100名です)。 やるまでは「辛くて仕方なかった」という人でも、やり遂げてみると、 「また来年やりたい」となるのが面白いところです。

寒中に水をかぶるからといって、人間的に偉いわけではありません。 洗心の行で会得したことを、今度は日常に活かすことが大切です。

「日々、行う」ことこそ「行」なのですから。

|

«心身統一合氣道会 会報