2019/05/23

PRESIDENT Online

President_1

PRESIDENT Onlineにて、イーオン代表取締役社長の三宅義和さんと、東京大学先端科学技術研究センターの西成活裕教授との対談が全3回で掲載されています。

三宅さんも西成先生も熱心に心身統一合氣道の稽古をなさっています。第3回の対談で心身統一合氣道のことに触れられています。対談各回は下記よりご覧頂けます。

 【第1回】 人間より賢いアリに学ぶ"GW渋滞回避法"
 【第3回】 ビートたけしから教わったユーモアの本質

掛値なしに面白い対談だと思いますので、ぜひお目通し下さい。

|

2019/05/19

藤平光一先生記念稽古

Tochigi

5月18日(土)~19日(日)に栃木県にある天心館道場(本部宿泊研修施設)にて「藤平光一先生記念稽古」を行いました。5月19日は藤平光一先生の命日で、毎年この時期に記念稽古を行っています。

全国から70名が参加し、520畳ある大道場で日頃出来ない稽古を伸び伸びとしました。二日間共に私が指導し、一部の時間のみグループ分けして、山本晶一師範と小堀智則師範が指導しました。

初日の夜には懇親会があり親交を深めました。

参加頂いた皆さんには誠に有り難うございます。参加出来なかった皆さんには、また来年お待ちしています。この時期の栃木はたいへん過ごしやすく、稽古や合宿に適しています。

|

2019/05/14

University of Michigan - Ross School of Business JTrek 2019

Michigan

ミシガン大学のMBAプログラムの学生を対象に、日本文化の紹介として心身統一合氣道を体験頂きました。

私は慶應義塾體育會合氣道部の師範を務めています。

同部の卒業生で、私の教え子である加藤紘幹さんが現在ミシガン大学のMBAプログラムに参加しており、同級生を母国に案内する"Ross School of Business JTrek 2019"で指導することになりました。

慶應義塾大学とミシガン大学の学生交流の一環でもあったことから、慶應義塾大学三田キャンパスにて行いました。慶應義塾體育會合氣道部の佐藤和部長(商学部教授)にご臨席頂きました。

講習はすべて英語で行いました。「大事な場面で能力を発揮する」ことをテーマに、「自然な姿勢」「臍下の一点」「呼吸を静める」などを体験形式で指導しました。理解力が極めて高い皆さんでした。

|

指導員講習会(神奈川)

Kanagawa


「指導員講習会(神奈川)」で指導しました。28名の指導者が参加しました。会場は鐵心館道場(神奈川)でした。

指導内容については「指導者向けブログ」でご覧頂けます(指導員専用のIDとパスワードが必要です)。


指導員講習会について

心身統一合氣道を指導するには「指導資格」が必要です。心身統一合氣道会では学び続ける者が指導できます。指導者は全国主要都市で開催される指導員講習会で学んでいます。

|

2019/05/12

指導員講習会(名古屋)

Nagoya


「指導員講習会(名古屋)」で指導しました。15名の指導者が参加しました。会場は太心館道場(名古屋)でした。

指導内容については「指導者向けブログ」でご覧頂けます(指導員専用のIDとパスワードが必要です)。


指導員講習会について

心身統一合氣道を指導するには「指導資格」が必要です。心身統一合氣道会では学び続ける者が指導できます。指導者は全国主要都市で開催される指導員講習会で学んでいます。

|

2019/05/11

指導員講習会(大阪)

Osaka


「指導員講習会(大阪)」で指導しました。25名の指導者が参加しました。会場は光心館道場(大阪)でした。

新たに3名を指導員に任命しました(敬称略)。

【指導員】

  • 澤田 直樹(光心館道場/大阪)
  • 南 充浩(光心館道場/大阪)
  • 山崎 眞布(塚口カルチャー教室/兵庫)

指導内容については「指導者向けブログ」でご覧頂けます(指導員専用のIDとパスワードが必要です)。


指導員講習会について

心身統一合氣道を指導するには「指導資格」が必要です。心身統一合氣道会では学び続ける者が指導できます。指導者は全国主要都市で開催される指導員講習会で学んでいます。

|

2019/05/07

滞りを持たない

Mail_magazine_2


東京大学先端科学技術研究センター西成活裕教授は「渋滞学」という学問を確立したことで有名です。

10年以上にわたって取り組んで来た研究内容をまとめた学問で、「渋滞学」という名称は、西成先生が独自に命名されたものです。

現在では道路の渋滞に限らず、社会生活の中の様々な流れで起こる渋滞について、国や日本を代表する企業と共同研究をなさっています。約3年前から心身統一合氣道を熱心に稽古なさっています。

そんな西成先生、10連休となったこのゴールデンウィーク中は、連日、渋滞の解説のためにテレビ各局から引っ張りだこでした。

番組で西成先生が言われていましたが、連休中の渋滞は、車の数が多すぎることによって生じているので、混む時間帯を避けるしかないようです。しかし、そこまで車が多くない場合に起こる自然渋滞については、私たちのちょっとした心がけで回避することが出来ます。

「渋滞」は、最初の一台のブレーキ(減速)に端を発しています。後ろに続く車が十分な車間距離を取っていないとブレーキが連鎖し、それがさらに後方の車に伝わって渋滞となっていきます。

特に、勾配4%程度の緩やかな上り坂だとドライバーが氣づかず、無意識のうちに車が減速して、さらに車間距離が不十分だと、後続の車がブレーキを踏むことになり渋滞が起こるとのこと。

どうやら「無意識」と「車間距離」がキーワードのようです。「無意識」はともかく、「車間距離」については私たちの心がけ次第でどのようにでもなるわけですから、やらない理由はありません。

ある番組では、上空から渋滞の先頭を撮影していました。それは、高速道路の入口で車が本線に合流する場所で、三車線の流れが二車線に狭まってしまうことで生じていました。とても興味深い映像でした。

さて、「渋滞」という言葉を、「滞り」に置き換えて考えてみましょう。

どれだけ長い渋滞にも、その始まり(原因)があるように、「氣」の滞りにもその始まりがあります。

大きな氣の滞りがいきなり生じることはほとんどありません。最初はちょっとしたことで氣が滞り、それが連鎖することで、より大きな滞りに育っていくのです。

そのため、小さな滞りのうちに解消することが重要です。勿論、滞りそのものが生じなければ良いわけですが、様々な人間関係で生きる現代においては現実的ではありません。

一つのことが上手くいかないと、そこに氣が滞ってしまって、心が使えなくなってしまうことがあります。

指導先の学校で、ある学生と稽古していたときのことです。この学生には、仲良く一緒に稽古している友だちがいました。あるとき、その友だちから自分が氣にしていることを言われ、とても嫌な氣持ちになってしまったようでした。

友だちのひと言によって、氣が滞ってしまったのでしょう。

すると、氣が滞った状態で友だちと接しているので、今度は、その友だちの言うこと、やること総てが氣になってしまって、「もう一緒に稽古したくない」と言うのです。

私は直接この話題には触れず、稽古を始めることにしました。稽古そのものが「氣を出す」ことですから、それによって、氣の滞りが解消することが少なくないからです。

稽古の後、この学生はバツが悪そうに私のところにやって来て、ひと言、「氣が滞っていました」と言いました。稽古して氣が出たことで、自分の状態を認識できたのでしょう。

私は「稽古で氣の滞りが解消したのであれば良かったですが、滞りの原因を放置してしまったら、またすぐに戻ってしまいます。どうしたら良いと思いますか」とその学生に尋ねてみました。

学生は考えた末、自分が傷ついた事実を友だちに冷静に伝えました。それを聞いた友だちはとても驚いて、すぐにこの学生に謝りました。その友だちとしても自分の意図とは違って伝わっていたようでした。

氣の滞りが解消してお互いにスッキリしたのか、その後は何事もなかったかのように一緒に稽古するようになりました。この二人にとっては、大事な人生経験となったようです。

人間関係においてちょっとした氣の滞りを持つと、どんどん大きな氣の滞りに育っていきます。そして氣が滞った状態で物事にあたると、他のことまで上手くいかなくなります。これは恐ろしいことです。

だからこそ、氣の滞りは、一瞬たりとも持つべきではありません。特に、家族・友人・仕事のパートナーなど、身近な人だからこそ、ちょっとした氣の滞りが生じた瞬間に対処することが重要なのです。

|

2019/05/01

ご挨拶(令和を迎えて)

Dojo_1


令和を迎え、新たな時代の始まりに心よりお慶び申し上げます。

心身統一合氣道会は、その教えを通じて、一人一人の人間が氣を出し、その人が本来保有している能力を最大限に引き出すことにより、プラスの社会づくりに貢献することを社会的使命としています。

「教え」を伝えるのが人ならば、「教え」を学ぶのも人。「人」こそ最も重要です。良き指導者から良き会員が育ち、そこからまた良き指導者が育ちます。そのプラスの循環を発展させることで、心身統一合氣道を学ぶ場を世界に広めて参ります。

また、私たちは心身統一合氣道の根幹である「心身統一合氣道の五原則」を行動指針として参ります。

心身統一合氣道の五原則

一、氣が出ている 
二、相手の心を知る
三、相手の氣を尊ぶ
四、相手の立場に立つ
五、率先窮行

皆様には今後も宜しくお願い申し上げます。

|

2019/04/29

指導員講習会(仙台)

Sendai


「指導員講習会(仙台)」で指導しました。19名の指導者が参加しました。会場は泉心館道場(仙台)でした。

指導内容については「指導者向けブログ」でご覧頂けます(指導員専用のIDとパスワードが必要です)。


指導員講習会について

心身統一合氣道を指導するには「指導資格」が必要です。心身統一合氣道会では学び続ける者が指導できます。指導者は全国主要都市で開催される指導員講習会で学んでいます。

|

2019/04/23

特別対談(常岡宏様)

Picture_5


心身統一合氣道会 会報』では各分野の第一線の方との特別対談を行っています。バックナンバーをWebで不定期に公開しています。

今回は常岡宏様です。2014年に常岡宏様のお父様である常岡一郎氏(明治32年生まれ、元参議院議員)のご著書『常岡一郎一日一言』が出版され、雑誌『致知』で特集が組まれるなど注目が集まりました。

ご子息である常岡宏さんは、藤平光一先生と約60年前にご縁がありました。当時の貴重なお話しをお聴きしました。

対談はこちらからご覧頂けます。

|

«指導員講習会(東京)